〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第325号>2008. 4.3
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

      「政治の劣化を食い止めるべし!」

■事務局からのお知らせ
※第28回 岩屋たけしオープンセミナーのご案内
講師 内閣府特命担当大臣 岸田文雄先生

※たけしのブログ「たけしの国会日記」も是非ご覧下さい。
http://iwaya.junglekouen.com/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

      「政治の劣化を食い止めるべし!」

こんにちは、岩屋たけしです。

 東京では満開の桜の花がここ数日の雨で散り始めていますが、
先週、大分に帰郷した折にはまだ三分咲きでした。ここのところ
気温が少し下がっているせいでしょうか。ちょうど入学式の頃に
満開であってくれればいいなぁ、と思っています。

 さて、国会です。とうとう暫定税率分が失効してガソリンが下
がり始めましたね。税金は下げれば下がるほど歓迎されるのは当
然で、ガソリンスタンドにも行列ができていると聞きます。

 しかし、地方自治体や当のガソリンスタンドは困惑しているで
しょう。なにしろ一ヶ月で国費では1200億円、地方分では6
00億円もの穴が予算に開くのですからね。ガソリンスタンドも
しばらくの間は高く仕入れたものを安く売ることになり、日に日
に損失が膨らんでいくことになります。

 政府与党としてはこれらについては万全の対策を講じいく決意
です。既に総理や総務大臣の記者会見、さらには経済産業大臣の
会見でその概要を発表したところです。自治体には差額分を交付
税などの形で補填することとし、ガソリンスタンドには当面は利
子補給や特別融資、最終的には損失分を補填する方向です。

 問題はその財源をどうするかですが、まさか赤字国債に頼るわ
けにはいきません。仮に短期間で終わるのであれば、短期国債な
どの方法を駆使して対応することになりますが、これが一年間も
続けば、総額で2兆6000億円の穴埋めが必要になるわけです
からね。深刻な問題です。野党も「ガソリンを下げて見せた!」
と浮かれている場合ではないでしょう。彼らの勝ち誇った姿を見
ると本当に無責任だと感じますね。

 先に発表された「福田提案」は自民党内も驚くほどの思い切っ
た提案でした。最大のポイントは一年後から道路特定財源を廃止
し、すべて一般財源化するという点にあります。民主党は「一年
後ではなく、すぐにやるべきだ!」と言いますが、既に予算執行
が始まっている段階でそんなことを言ってみても土台、詮無い話
でしょう。どうしてそこまで融通が利かないのか、合点がいきま
せん。

 道路整備が遅れている地方出身の私としては、完全な「一般財
源化」には正直、不安もあります。本当に必要で、しかも現在、
建設中の路線を完成させるに足る財源を確保できるだろうかと心
配されるからです。しかし、この際は改革を施すしかないでしょ
う。道路財源をあたかも「既得権」のようにして振舞ってきた国
土交通省の仕組みに徹底的にメスを入れ、道路行政全般を透明化
することが大事だと考えるに至りました。私は「一般財源化」に
賛成します。

 したがって、民主党もここは「政局重視の対応」をあらためて
いただき、もともとかれらの主張であった「一般財源化」へ向け
てぜひ前向きで建設的な協議に応じてもらいたいと思います。こ
こで野党が前向きの姿勢を示さなければ、時間とともに自民党内
で「消極論」が強まることが懸念されるからです。せっかくのチ
ャンスを逃すべきではありません。ここは「政局」ではなく、
「大局」に立った判断を求めたいと思います。

 与党としてはできるだけ早い時期に税率を回復したいと考えて
います。一度下げた税金を上げるということは、政治的には「自
殺行為」に近いのですが、政権を担っている者としてこのままの
状態を放置するわけにはいきません。一年後からの抜本改革を前
提に、今年度に限っては当初の予算額を確保するという判断をせ
ざるをえません。国民の「不評」を覚悟での決断になるだろうと
思いますが、時期が至れば躊躇すべきでないと考えます。

 今回の顛末を通じて、結果的に「議長」の権威が著しく貶めら
れたことは極めて遺憾です。両院議長の裁定が簡単に反故にされ
たことは、今後の国会運営に大きく影を落とすことになるからで
す。江田議長はいざしらず、河野議長は誰よりも深刻にその責任
を感じておられるでしょう。今後の展開次第では、両院議長の進
退問題にも発展するのではないかと懸念されます。

 いずれにしても、残念なことに短期的には日本の政治は明らか
に劣化しています。「ねじれ」の試練に的確に対応できていませ
ん。これはあくまでも新しい政治の産みの苦しみだと思いますが、
それにも「限度」というものがあるでしょう。このまま国政の機
能不全状態が続けば、やがては「国力」そのものが大きく減退す
ることになります。なんとかしなければならない。そんな思いが
ますますつのっているところです。

では今週はこの辺で。不安定な気候が続きます。ご自愛ください。

              自民党国会対策副委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★
■■第28回岩屋 毅オープンセミナーのご案内■■

 この度、内閣府特命担当大臣 岸田文雄先生を講師にお迎えし
て第28回オープンセミナーを開催させていただきます。ご多忙
とは存じますが是非ともご出席賜りますようお願い申し上げます。

日 時 平成20年4月8日(火曜日)
 11時45分〜13時00分まで(受付11時30分)
場 所 自由民主党本部 9階 901会議室
  千代田区永田町1-11-23 電話03-3581-6211
テーマ「食の安全と生活の安心」
講 師 内閣府特命担当大臣 岸田文雄先生
会 費 10,000円(昼食をご用意しております)
主 催 新時代政経研究会※本会は政治資金法第8条の2に該当
する催しです。
お問合せ 岩屋たけし東京事務所 
電話03−3508−7510までお願いします。

■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/suport_f.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(編集スタッフより)
 皆様こんにちは。別府市では4月1日から6日まで恒例の温泉
祭りが開催されています。私もお神輿を担ぐ予定にしていますが、
なかなかハードですので、事前に足腰を鍛えているところです。
 今週末にパレードなどが行われますので、皆様も是非ご参加下
さい。最近は春の雨が多いですね。。新年度を迎えて何かと忙し
い日々が続くと思いますが、皆様お元気でお過ごし下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902