〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第331号>2008.5.15
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

    「大災害に心よりお見舞い申し上げます。」

■事務局からのお知らせ
※ホームページをリニューアルいたしました。是非ご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com

※忙中閑話に「善き人のためのソナタ」をアップしました。
http://www.t-iwaya.com/essay_bn/45.html

※たけしのブログ「たけしの国会日記」も是非ご覧下さい。
http://iwaya.junglekouen.com/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

    「大災害に心よりお見舞い申し上げます。」

こんにちは、岩屋たけしです。

 ミャンマーの台風被害、四川省での地震被害は日を追うごとに
犠牲者の数が膨らんでいます。大変な惨状のようですね。特に学
校ががれきの山となって多くの子どもたちが下敷きになったまま
だと言います。心からお見舞い申し上げますとともに、一時間で
も一分でも早く被災者の救出がなされるよう祈りたいと思います。

 我が国もさっそくに緊急支援を行なっておりますが、事情が許
せば人的支援も実施する用意も能力も持っています。両国とも、
まだそのような受け入れ体制ができていないという理由からか、
現段階では各国からの申し出を断っているようですね。しかし、
事態は一刻の猶予も許されません。大事なのは国の「面子」では
なく、「人命」です。それぞれに善処を望みたいと思います。

 私たちも先に阪神大震災で多くの犠牲者を出してしまったとこ
ろですが、日本のように社会インフラが相当程度、整っていると
ころでも、大災害ともなると多くの人命が失われ、莫大な被害が
発生します。先日、発表された近畿圏の直下型大地震の場合の被
害予測を見ても気が遠くなるような数字が並んでいましたね。

 政府としてできる限りの備えをしておくことは当然です。学校
の耐震化もまだ60%未満という状態ですからね。こういった作
業は急がなければなりません。高速道路や橋や鉄道なども次第に
耐用年数を越えるところが出てきますので、早めの補強も必要で
す。公共事業はすべてが無駄なのではないのですね。厳しい財政
事情の中をやりくりしてでも、「防災」には万全を期していかな
ければならないと思います。

 さて、去る5月13日には東京で「新時代政経セミナー」を開
催させていただきましたが、例年以上にたくさんの方にお越しい
ただき、お陰さまで盛況のうちに終了することができました。心
よりお礼申し上げます。特に、地元から婦人部の皆さんが駆けつ
けてくださって会場を盛り上げていただいたことには感謝の気持
ちでいっぱいです。後半国会に臨む「元気」をいただきました。
本当にありがとうございました。

 セミナーの前半では麻生太郎先生に「とてつもない日本の底力」
と題してご講演をいただきました。「勤労力こそが日本の底力だ」
と力説される麻生先生に会場の皆さんも大きく頷いておられたよ
うに思います。我々は悲観論に陥ってはならないのだと思います。
 日本の底力に自信を持ち、未来を楽観して、もう一度、世界に
向かって羽ばたく気概を持たなくてはならないのだと、あらため
て痛感した次第でした。

 国会ですが、先に道路特定財源に関する二度目の再議決が終了
してようやく一山越したように思います。これで全国6000箇
所にわたって滞っていた工事も発注されることになりました。自
治体の皆さんはほっとされていると思います。大分県でも合計で
194億円が交付金として届くようになります。この中には別府
市の竹瓦温泉の改修事業、豊後高田の新しい博物館の建設資金な
ど、必ずしも道路ばかりでない予算も含まれています。有効に使
って地域の活性化に役立ててもらいたいと思っています。

 今後はさっそくに来年からの一般財源化に向かって議論が開始
されます。当然のことながら、一般財源化がもともとの主張であ
る民主党にも政策協議を呼びかけていきます。これに応じなけれ
ば、彼らのこれまでの主張は「選挙目当てでしかなかった」とい
うことになります。誠意ある対応を求めたいと思います。必要最
小限の道路整の予算を確保しつつ、残る財源は福祉、医療、環境、
教育、といった分野にうまく振り向けることができればと思って
います。

 今後の見通しですが、このままいけば国会の延長はないでしょ
う。国会閉幕後には洞爺湖サミットが待っています。地球環境問
題で世界に向かってリーダーシップが発揮できるかどうかが問わ
れる大事な局面です。それが終わればおそらくは内閣改造でしょ
う。新しい布陣で秋の臨時国会を迎えることになると思います。

 野党は「選挙、選挙」と騒いでいますが、政権与党としてはや
るべき仕事をしっかりとこなしていくことが大切です。年内に一
般財源化の道筋をしっかりとお示しし、後期高齢者医療制度の見
直しも行ない、来年度の予算編成も行なった上で初めて選挙時期
を判断することになるでしょう。ひとつひとつの課題に全力投球
していきたいと思っています。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。


              自民党国会対策副委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★

■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(編集スタッフより)
 5月13日に東京にて開催致しました「新時代政経セミナー」
では多くの皆様のご協力を賜りまして誠にありがとうございまし
た。地元大分からは東京でのセミナーに合わせて国会見学ツアー
を行いましたが、たくさんの皆様にご参加をいただき重ねて厚く
御礼申し上げます。今後も継続的に国会見学ツアーを計画してい
きますので、皆様のご参加をお待ちしております。また、上京の
際にお時間がございましたら、少人数からでも国会見学できます
ので岩屋事務所までお気軽にお申し付け下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902