〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第332号>2008.5.20
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

    「家族を大切に扱う制度に変更すべし。」

■事務局からのお知らせ

※春の別府ハットウオンパクが開催されています。

5月9日から6月1日まで恒例となりました春のオンパクが別府
市中心に開催されています。「オンパク」とは「別府八湯温泉泊
覧会」のことです。別府八湯を拠点に、参加・体験型イベントで
大いに別府は盛り上がります。これを機会に、別府の魅力を、温
泉の素晴らしさを体験してみてはどうでしょう。
「オンパク」のホームページ http://www.onpaku.jp/

※ホームページをリニューアルいたしました。是非ご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com

※忙中閑話に「善き人のためのソナタ」をアップしました。
http://www.t-iwaya.com/essay_bn/45.html

※たけしのブログ「たけしの国会日記」も是非ご覧下さい。
http://iwaya.junglekouen.com/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

     「家族を大切に扱う制度に変更すべし。」

こんにちは、岩屋たけしです。

 ミャンマーや中国四川省の災害は日を追うごとに犠牲者の数が
増えています。心からお悔やみとお見舞いを申し上げたいと思い
ます。

 福田総理が言われるように「困ったときはお互い様」ですから
ね。日本からの救援隊の作業はひと段落したようですが、今後の
復興についてもできるかぎりの支援をしていくべきだと思います。

 オリンピックを間近に控えたこの時期にこのような悲惨な災害
が発生して中国当局も大変な困難に直面していると思います。し
かし、それだけに来る「世紀の祭典」を成功させて国民に夢と希
望を与えて欲しいですね。中国国民の団結に期待したいと思いま
す。

 両災害を通じて思うことは、こういう時こそ国家がしっかりし
ていないといけないということですね。とりわけ、地震列島、台
風列島の日本はいつなんどき大災害に見舞われるかわかりません。
 まさかの時に備えて「予防」を油断なくやることはもちろん、
人命救助や復興支援のあり方も含めた危機管理のマニュアルをし
っかり作っておかなければなりません。心していかなければと思
っています。

 さて国会のほうですが、当面は落ち着いた状態が続いていくと
思います。道路財源問題などで時間を空費した分を大急ぎで埋め
ていかなければなりません。必要な法案は粛々と処理していかな
ければならず、連日、その打ち合わせに追われているところです。

 後期高齢者医療制度については、6月中旬までには「見直し案」
をまとめる予定です。昨日でしたか、福田総理が言われた「家族
全体で負担する方法があってもいいではないか」という考え方に
私も賛成です。

 どうも我が国は「平等」という概念を誤って適用したり、場合
によっては乱用してしまうケースが多いように思うのですね。し
たがって、社会の基礎単位である家族や家庭といったものには本
来、「求心力」が働く政策を作らなければならないのに、逆に
「遠心力」が働くような制度をたくさん作ってしまってきていま
す。

 今回の「高齢者医療制度」についてもそういう悪癖が出ている
ように思います。たしかに「一人暮らし」で低所得のお年寄りに
は十分な対策が施されてしかるべきでしょう。しかし、すべての
お年寄りが「一人暮らし」の方と同じ条件にしなければならない
という「平等観」は少しおかしいと思うのです。

 夫が妻を扶養する。子どもが親を扶養する。それは本来は望ま
しい姿であり、むしろ奨励されるべき姿ですね。しかし、それを
扶養されていない人と比べると「不公ではないか」と言って、わ
ざわざ家族をバラバラに扱い、一人ひとりに負担を求めていくと
いう考え方は、せっかく助け合って生きている家族に遠心力を働
かせるものでしかありません。その根本になっている考え方を見
直すべきでなのではないか、と私は思うのです。

 野党は世論受けを狙って単にこの制度を「廃止する」というこ
とだけを言っているようですが、それもまた無責任な態度ですね。
「このままでは高齢者医療制度を支えられない」という共通認識
のもとに始まったはずの議論です。「姥捨て山」などという言葉
を使っていたずらに国民を煽り、対案も示さず反対だけをすると
いう姿勢はあらためていただきたいと強く思っているところです。

 基礎年金の「税方式」についても具体的な数値が示されて議論
が始まりましたね。仮に税方式」を採用した場合、制度の移行期
に生じる「不公平」をどのように解消するかということが最大の
ポイントになっていくと思います。情報を広く公開して、じっく
りと国民的な議論を行なっていくことが大事だと思っています。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。


              自民党国会対策副委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★

■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(編集スタッフより)
 皆様こんにちは。低気圧の影響で、東日本から北日本にかけて
は荒れた天気になっています。対象地域の皆様はくれぐれもご注
意下さい。地元では国会閉会後の6月末から7月にかけて各地域
で国政報告会を計画しています。詳細は改めてご連絡させていた
だきますので、お近くの会場に是非ご参加いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902