〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第333号>2008.5.28
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

     「公務員制度改革に目途が立ちました。」

■事務局からのお知らせ

※春の別府ハットウオンパクが開催されています。

5月9日から6月1日まで恒例となりました春のオンパクが別府
市中心に開催されています。「オンパク」とは「別府八湯温泉泊
覧会」のことです。別府八湯を拠点に、参加・体験型イベントで
大いに別府は盛り上がります。これを機会に、別府の魅力を、温
泉の素晴らしさを体験してみてはどうでしょう。
「オンパク」のホームページ http://www.onpaku.jp/

※ホームページをリニューアルいたしました。是非ご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com

※忙中閑話に「善き人のためのソナタ」をアップしました。
http://www.t-iwaya.com/essay_bn/45.html

※たけしのブログ「たけしの国会日記」も是非ご覧下さい。
http://iwaya.junglekouen.com/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

     「公務員制度改革に目途が立ちました。」

こんにちは、岩屋たけしです。

 先週末は自民党の「観光特別委員会」の一行が湯布院に視察に
来られ、私も地元議員としてご一緒しました。桑野観光協会長さ
んをはじめとする皆さんが対応してくれましたが、大変、有意義
な視察になったと思います。

 感心するのは湯布院が常に進化し続けていることですね。既に
湯布院観光の魅力は全国的に評価されてりうところですが、そこ
に決して満足していません。常に新しい課題を追いかけて研鑽を
積んでおられます。その最たるものが「景観の保全」と「地産地
消」ですね。地元で獲れた食材を使って料理を提供するというこ
とに旅館と農家が真剣に取り組んでいます。観光地におけるモデ
ルケースだと思いますね。

 ある方がその席でおっしゃいまいた。「観光というのは、生き
方を提案するものだと思う」と。なかなかに深い言葉だと思いま
した。よその真似事ではなく、そこでしかないものを組み合わせ
て「時間と空間」をデザインし、提供するということですね。確
かに湯布院の一流どころの宿に行くと、そういった思想、哲学、
感性といったものがそこはかとなく伝わってきます。町の景観も
その重要な要素ですね。そこから積み上げていかなければこれか
らの観光地間競争には勝てない、とあらためて痛感したところで
す。

 ところで、昨日は大分県の市議会議長会の皆さんと大分県選出
の国会議員との懇談会が催されました。市町村合併の関係で現在
は僅か14人となっているんですね。地方議会の役割はこれまで
以上に重要になってきています。地方分権をもっと進めて「地方
のことは地方で解決できる」という風にしていくことが大事だと
思います。道路も県境を越えていく「大幹線」以外は、地方に予
算を渡して任せるべきですね。来年からの「一般財源化」を契機
にそういう方向に舵を切るべきだと思っています。

 さて、その国会ですが、懸案となっていた「公務員制度改革」
については、急転直下、野党との合意が成立してこの国会で成立
する運びとなりました。主なポイントは、内閣に「人事局」を設
けて官房長官のもとに幹部人事を一元管理すること、定年を徐々
に65歳まで引き上げて、いわゆる「肩たたき」による「天下り」
を廃止していくこと、そして、これまでの「キャリア制」を廃止
して能力や意欲に応じた人事制度を構築すること、などが柱とな
っています。大きな前進だと思います。

 焦点のひとつとなっていた「政官の接触禁止条項」については、
あまりにも現実性に乏しいので削除することになりました。「接
触」と言うとなんとなく聞こえが悪いのですが、実態は法案の説
明であったり、会議の打ち合わせであったりするのですね。それ
ができなくなると、与党もさることながら、政府を追及する側の
野党の議員も十分な情報収集ができなくなってしまいます。そう
いうわけで、これはむしろ野党側の要求で削除することになりま
した。要は「透明性」を確保できればいいのだと思います。

 このように、やる気になれば、与野党できちんと法案修正がで
きるんですね。どうしても根本の哲学や考え方が違うものについ
ては大いに議論を戦わせればいいのですが、目指す方向がさして
変わらないテーマについては、どしどしと与野党協議を行なって
合意点を見出していけばいいのだと思います。道路財源について
も既に与党は一般財源化を決定しています。高齢者医療制度につ
いても、これまでの制度ではもたない、ということについても共
通の認識に立っているはずです。いたずらに「政争の具」にして
はいけませんね。

 いま取り組んでいる問題に「自衛隊の国際貢献のための恒久法
の制定」というのがあります。先週から与党のプロジェクトチー
ムが立ち上がっていますが、私もそのメンバーなんです。国際平
和のために貢献することは既に自衛隊の「本来業務」のひとつと
なりました。それなのに、何か事が起こるたびにすったもんだし
て国会が空転し、その結果、タイムリーで効果的な貢献ができに
くくなっているわけです。そこで、この際はルールをきちんと定
めてシビリアン・コントロールを強化し、あらゆる事態に迅速に
対応できるようにしたいと思っているわけです。

 インド洋での給油活動を続けるかどうかで国会が揉めたときに
民主党さんも「恒久法が必要だ」ということを言っていますから
ね。であれば、この際はしっかりと政策協議を行なってお互いが
納得できる成案を得るべきだと思います。先の国会での議論の繰
り返しは避けたいですね。まずは公明党さんとの間で合意を作り、
それをもとに野党の皆さんとも積極的に協議していきたいと思っ
ているところです。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。


              自民党国会対策副委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★

■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(編集スタッフより)
 皆様こんにちは。九州や四国では今夜から明日昼前にかけて雷
を伴う非常に激しい雨が降る所があるとのことですので、土砂災
害など被害に十分ご注意下さい。また九州南部では例年より四日
ほど早く梅雨入りしたとのことです。。皆様傘をお忘れなく。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902