〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第335号>2008.6.11
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

   「国会は6日間延長されることになりました。」

■事務局からのお知らせ

※ホームページをリニューアルいたしました。是非ご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com

※たけしのブログ「たけしの国会日記」も是非ご覧下さい。
http://iwaya.junglekouen.com/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

   「国会は6日間延長されることになりました。」

 こんにちは、岩屋たけしです。6月15日で閉幕する予定だっ
た通常国会は6日間延長されることが確実になりました。

 最大の理由は日本とアセアンとの経済連携のための条約などの
重要案件がこのままだと廃案になってしまうからです。参議院の
民主党はいつまでたってもこれらの条約を審議しようとしないの
ですね。誠に無責任な態度だと思います。

 条約は衆議院で可決されてから30日間が経過すると、参議院
での可否にかかわらず成立することが憲法で規定されています。
野党が審議に応じないので、やむなくその時間を稼ぐために最小
限の国会延長を決断せざるをえなくなったというわけです。

 一方で民主党はじめ野党は今夕にでも(これを書いている時刻
は11日の午前11時です)参議院で福田首相の問責決議案を可
決してくる模様です。どうも理由が判然としませんが、おそらく
彼らが参議院で可決した「後期高齢者医療制度廃止法案」を衆議
院が審議しない、などとということを理由に上げてくるのでしょ
う。

 しかし、我々は審議しようと思っているのです。なぜなら、こ
の「廃止法案」は文字通り、「廃止せよ」と言っているだけであ
って、「そのかわりにどうする」という対案にはなっていないか
らです。野党の答弁者を相手にしっかり議論をして問い質したい
と思っているのはむしろこちらのほうであって、その議論から逃
げ回っているのは野党のほうだというのが実情です。

 「党首討論」もとうとう取りやめになったのですね。どうして
でしょうか。半年間にも及ぶこの国会で党首討論が行なわれたの
はたったの一回きりなんですね。小沢代表があの種の討論を好ま
ないということもあるのでしょうが、それでは国民には真意が伝
わりません。「問責」を出したあとは審議拒否をするという作戦
なのでしょうが、そんな暇があるのなら、国会に出てきて堂々と
議論をするというのが本来の責務だと思います。

 以前にも申し上げたように「問責決議案」には、衆議院におけ
る「内閣不信任決議案」のような憲法上の法的根拠がありません。
 したがって、仮に可決されたとしても福田内閣は解散も総辞職
もしないという方針を、当たり前のこととはいえ、既に決定して
います。この難局に当たって国政に停滞は許されません。今は為
すべき仕事を粛々とこなしていくことが肝要です。

 実際に課題は山積しています。まずは来る洞爺湖サミットにお
いて地球環境問題への対応で議長国たる日本の強いリーダーシッ
プが求められています。そしてそれが終われば早速に8月末にも
召集されるであろう臨時国会の準備に入らなくてはなりません。
その前におそらく内閣改造があるでしょうね。

 懸案の「後期高齢者医療制度の見直し」については案がまとま
ったところです。正直なところ、「そもそも論」から言えば、こ
の制度には私とて少なからぬ違和感をいまだに持ってはいますが、
当面の対応としては始まったばかりのこの制度を少しでも改善し
ていく以外になく、さらなる抜本改革については「財源問題」、
「税制問題」も含めた検討をしなければならないと思っています。

 「道路特定財源の一般財源化」の中身についてはこの秋には結
論を出さなくてはなりません。それに合わせて税制の抜本改革も
必至ですね。福田総理は社会保障費の削減計画を維持する考えを
示していますが、私はもはや限界に来ていると感じています。少
なくとも「削減幅」を見直すべきだと思っていますが、それがた
めにも財源は必要です。道路財源の一部を充当するという考えも
あっていいでしょう。私は「スモーカー」ではありますが、医療
費に充当するための「煙草税のアップ」には賛成です。

 こういった一連の課題にきちんと答えを用意し、来年度の予算
を編成するところまでは福田政権の責任です。そこから先にはい
ろんな展開がありうるでしょうが、いずれにせよ、年を越したら
「臨戦態勢」に入らなくてはいけないと思っています。次なる選
挙は「付け焼刃」では絶対に勝利できません。一日、一日を真剣
に取り組んでいってこそ結果を出せるのだと思います。恐れず、
慌てず、着実に一歩一歩を積み上げていきたいと思います。倍旧
のご指導とご支援をよろしくお願いいたします。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。

              自民党国会対策副委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★

■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(編集スタッフより)
 皆様こんにちは。いよいよ本格的な梅雨入りとなり、大分は今
日も朝から雨が降り続いています。九州四国地方では大雨警報も
でていますので皆様くれぐれもご注意下さい。岩屋たけしのメー
ルマガジンも毎週多くの皆様にお届けしていますが、たくさんの
ご激励やご意見をいただき感謝しております。今後とも何卒よろ
しくお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902