〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第341号>2008.8.4
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

   「麻生幹事長をしっかり支えてまいります。」

■事務局からのお知らせ
※岩屋たけし国政報告会日程のお知らせ

※忙中閑話に「ローマの休日」をアップしました。
http://www.t-iwaya.com/essay_bn/47.html
※ホームページをリニューアルいたしました。是非ご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

   「麻生幹事長をしっかり支えてまいります。」

 こんにちは岩屋たけしです。猛暑が続いていますがお元気です
か。ここらあたりが一年でもっとも暑い時期ですね。くれぐれも
ご自愛ください。

 さて、ついに内閣改造が行なわれましたね。当初、4日に予想
されていたのでしたが、繰り上げての速攻組閣となりました。総
理の日程も立て込んでいるようでしたし、もうすぐ北京オリンピ
ックが始まりますからね。注目がそっちへ移らないうちにやって
しまおうということだったと思います。

 新内閣に対する皆さんの印象はいかがでしょうか。世論調査で
は支持率が微増した程度でしたが、「業界内」から見ると、それ
ぞれ熟練者と適任者を揃えた実務型の布陣で、「仕事のできる内
閣」という感じがします。一方で、党内のすべての派閥を均衡さ
せた「反乱封じ込め内閣」という印象も否めませんね。

 少なくともこれで党内に「倒閣勢力」はなくなりました。ここ
でそういう人事を行なったということは、額面どうり受け止めれ
ば、福田総理はご自身の手で解散総選挙をやるつもりだと見て取
っていいでしょう。

 党の人事も含めて言えば、今回の最大の目玉はやはり「麻生幹
事長」なのだと思います。前回の総裁選で敗れて以来、入閣の要
請も断って、充電中の身であった麻生先生ですが、久々に(と言
っても10ヶ月ぶりですが)表舞台に登場したことになります。

 正直、当初、私は麻生先生の幹事長就任には反対の意見を持っ
ていました。先の総裁選の経緯もありましたしね。一晩のうちに
麻生派以外のすべての派閥から包囲網を作られ、その上、根も葉
もない「クーデター説」まで流されて大変に苦しい戦いを余儀な
くされました。あの時の悔しさ、無念さはいまだに忘れられませ
ん。

 そのあとの「入閣の誘い」もおざなりなものでしたからね。
「まぁ、声はかけておかなければいけないだろう」という程度の
感じだったでしょうか。「失礼だ」という感じすらしましたね。
あの時も「断固、拒否すべきです」ということを私は申し上げた
のでした。「麻生派以外のすべての派閥が担ぎ上げた総裁が駄目
だったら、残る選択肢は麻生さん以外にない。その時までじっと
耐えるべきだ」と思っていたわけです。

 しかし、最終的に麻生先生が幹事長を引き受けられた理由はご
本人が会見で言われたとおりでしょう。「結党始まって以来の党
の危急存亡の時に力を貸してくれと言われれば、一個の政治家と
してこれを断るわけにはいかない」ということだったと思います。
 逃げることが大嫌いな麻生先生らしいですね。「大将」が決断
された以上、私たちもそのご決意を全力で支えなくてはならない
と思っています。

 同じ麻生派に属し、今期限りで引退を表明されている鈴木恒夫
さんを文部科学大臣に推薦されたことも、与謝野さんを経済財政
担当大臣に推薦されたのも、保利耕輔さんを政調会長に推挙され
たのも麻生先生だと聞いていますが、それぞれ、麻生先生の人と
なりやお考えがよく出ていて、さすがだなぁ、という風に思いま
す。

 しかし、問題はこれからですね。目下、国民経済は急速に冷え
込みつつあります。折からの原油高、物価高によって消費マイン
ドも冷えていますね。夏休みになったというのに、レジャー施設
も振るわない。このままの状態を放置すれば、「不景気下の物価
高」という最悪の事態に突入していきかねません。ここは麻生幹
事長も言っておられたように思い切った景気対策、経済対策が必
要だと思います。

 財政再建の目標は堅持しなければなりませんが、「再建計画」
の前提が大きく崩れているわけです。この間、なんの景気対策も
やらなかったせいで来年度の税収は大きく落ち込むことが確実で
す。「ケチケチ大作戦で辛抱した結果、また借金が増えた」とい
う滑稽なことになりつつあるのですね。これでは「上げ潮」どこ
ろか「引き潮」路線です。政治はもっと臨機応変に国民の痛みに
敏感に反応することが大事です。

 「安心実現内閣」と銘打ったということは、皮肉な言い方をす
れば「今までいかに安心できなかったか」ということでしょう。
 しっかりとその反省の上に立って果敢に政策を立案し、実行し
なければならないと思います。麻生幹事長には持ち前の明るさと
抜群の発信力を大いに発揮していただき、日本を明るい方向に導
いていただきたいですね。麻生幹事長をしっかり支えてまいりま
す。応援してください。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。

              自民党国会対策副委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★

■■岩屋たけし国政報告会日程のお知らせ■■
下記の日程におきまして国政報告会を開催致します。皆様お誘い
あわせの上ご参加賜りますようお願い申し上げます。

〔院内会場〕  7月14日(月)19:30 院内 山村開発センター
〔安心院会場〕 7月16日(水)19:30 安心院 JA安心院ホール
〔豊後高田会場〕7月18日(金)18:00 豊後高田 JAくにさき西部
〔国東会場〕  7月19日(土)14:00 国東 アストくにさき
〔中津会場〕  7月28日(月)19:00 中津 小幡記念図書館
〔宇佐会場〕  7月29日(火)18:30 宇佐 満天閣
〔真玉会場〕  7月31日(木)19:00 真玉 スパランド真玉
〔香々地会場〕 8月1日(金)19:00  香々地 香々地公民館
〔山香会場〕  8月5日(火)19:00 JA山香町本店2階
〔日出会場〕  8月6日(水)19:00 日出町中央公民館
〔杵築会場〕  8月7日(木)19:00 杵築市健康福祉センター  

※各会場共に会費は無料となっております。
※未決定の地区は改めてご案内いたします。
※お問合せ 岩屋たけし事務所0977-21-1781

■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(編集スタッフより)
 皆様こんにちは。まだまだ暑い日が続きますが、お元気でお過
ごしでしょうか?現在開催中の国政報告会には多くの皆様のご参
加いただき誠にありがとうございます。皆様からのご意見をしっ
かりと受け止め、秋からの臨時国会に臨んでいきたいと思ってい
ます。さて、夏の甲子園も毎日熱戦が繰り広げられています。大
分県代表の日田林工はいよいよ8月6日に初戦を迎えますが、日
頃の練習の成果を存分に発揮して頑張って下さい。
頑張れ、日田林工!!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902