〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第342号>2008.8.15
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

       「臨時国会は早期に召集すべし!」

■事務局からのお知らせ
※忙中閑話に「ローマの休日」をアップしました。
http://www.t-iwaya.com/essay_bn/47.html
※ホームページをリニューアルいたしました。是非ご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

       「臨時国会は早期に召集すべし!」

 こんにちは、岩屋たけしです。お盆はどのように過ごされまし
たか。久しぶりに郷里の地を踏まれた方も多かったでしょうね。
 小生は毎年、恒例の「初盆参り」に精を出しました。葬儀の時
とは違って、ご遺族の方と親しく故人の思い出話ができるところ
がこの風習の良いところでしょうね。あらためてこの一年の間に
鬼籍に入られた皆様のご冥福を心よりお祈りしたいと思います。

 さて、目下、ずっと地元に張り付いていますので、「天下の情
勢」については甚だ情報不足なのですが、ニュースを見ておりま
すとそろそろ秋の臨時国会の日程が決まりそうな雲行きですね。
 折からの急速な景気の冷え込みに対する経済対策も打っていか
なければなりませんしね。国会もいつまでも「夏休み」というわ
けにはいきません。

 仄聞するところでは友党の公明党さんが国会の早期召集に消極
的なんだそうです。報道で伝えられているように「野党に攻撃の
時間をあまり与えたくない」という思惑からのことであるとする
ならば、そのような「逃げ腰」の姿勢はいかがなものかと、正直、
思いますね。

 国会が開かれれば我が方にも民主党に対する攻撃材料は山ほど
あるのです。これまでの民主党が言ってきた政策に要する費用を
足し算すると楽に20兆円には達しているのですが、いまだにそ
の財源は極めて不明瞭です。耳に心地の良いことだけを並べ立て
て国民を欺こうとする姿勢こそ、我々が国会で厳しく追及しなけ
ればなりません。早く国会を開催して大いに議論を戦わせるべき
なのだと思います。

 国会の早期召集を逡巡しているもうひとつの理由に「テロ対策
特別措置法」を巡る問題があるということも報じられています。
 このままでいくと再びインド洋での給油活動の根拠法が来年早
々にも期限切れになるのですね。目下、イラクには航空自衛隊の
輸送機のみを派遣して活動を続けているのですが、こちらのほう
もイラク側の都合によっては来年にも撤退することになるかもし
れないのです。

 国際社会の主要な一員であり、米国の主たる同盟国でもあり、
なおかつ中東地域にエネルギーの大部分を依存している我が国が、
テロとの戦いにおいて、「あれもやらなければこれもやらない」、
その結果、「なんにも人的貢献を行なわない」などというわけに
はいかないでしょう。

 この問題は国民の皆様のご理解を得られにくい問題であること
は事実です。インド洋の給油活動にしても、「これだけ国民が原
油高騰に苦しんでいるのに、せっせとよその国に高い油を給油す
る必要があるのか!」などという議論が必ず出てくるでしょう。
 しかし、「国際貢献」や「外交」の問題をいたずらに矮小化し
て考えることは避けなければならないと思います。

 民主党さんは先の国会でこの問題についての「対案」を提出さ
れています。「油の補給は駄目でも、なんらんかの目に見える貢
献は必要だ」と考えておられるなら、ぜひとも我々との話し合い
のテーブルについていただきたいと思います。本当は「国際貢献
のための恒久法」を与野党協議の上で成立させることが一番良い
のですが、そこまでに至らなくとも話し合っていけば、なんらか
の方法はあるはずです。

 野党がまったく非協力的であるならば、現行法をたとえ衆議院
で再議決してでも延長する以外に方法はありません。公明党さん
はその「再議決」を嫌っているのでしょう。我々とてやりたいわ
けではない。しかし、目先の選挙対策のためだけに、外交上、生
じるであろう失点を看過するわけにはいきません。ここは腹を据
えてかかる必要があります。賢明な国民の皆さんはしっかりとそ
こを見ておられると思います。

 ともあれ、国会が召集されるまでは、できる限り、地元でたく
さんの皆さんとお目にかかり、対話を積み重ねたいと思っていま
す。そして、その声を次なる国会にしっかり反映させていく決意
です。

 では今週はこの辺でお別れします。まだまだ暑い日が続きます。
くれぐれもご自愛ください。

              文部科学委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★
■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(編集スタッフより)
 皆様こんにちは。まだまだ暑い日が続きますがお元気でお過ご
しでしょうか?テレビでは連日オリンピック、そして甲子園とス
ポーツ一色ですね。オリンピックでは日本選手団も頑張っていま
すが、予想外の結果に終わってしまう試合もあり、一発勝負の厳
しさを感じさせられます。残りの競技でも日本勢の活躍を期待し
ています。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902