〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第347号>2008.9.26
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

 「麻生総理とともに明るく強い日本を作ってまいります。」

■事務局からのお知らせ
※ホームページをリニューアルいたしました。是非ご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

 「麻生総理とともに明るく強い日本を作ってまいります。」

こんにちは、岩屋たけしです。

 先の自民党総裁選では麻生太郎さんに対する力強いご支援を誠
にありがとうございました。お蔭様で四度目の挑戦を実らせるこ
とができ、私も感無量です。総裁当選が決まった時には思わず目
頭が熱くなりました。本当にありがとうございました。

 麻生総理には、ぜひとも本格総理、本格政権を目指して欲しい
と思っています。いま、国民が求めているのは、力強く安定感の
あるリーダーです。困難から逃げない。問題に正面から取り組み、
責任回避をしない。そして、日本の進むべき方向について明瞭に
メッセージを伝えることができる。そんなリーダーが求められて
いるのだと思います。

 そういう意味では、麻生太郎という人はぴったりの人だと思い
ます。少々、あくの強いリーダーではありますが(笑)、その実、
大変なジェントルマンでもあります。トイレで用を足したあとは、
後の人のために洗面所の水しぶきを必ずきれいにふき取って出る
ような人なんですね。外見は「チョイ悪」に見えていますが、本
当は極めて礼儀正しいのです。あのお辞儀の仕方に現れているで
しょう。。。いつも、見習わなければと思っています。

 まずは、なんと言っても景気対策です。いま、どこを歩いても
不景気を嘆く声が充満しています。給料が上がらず、物価が上が
っているので生活も圧迫されている。主婦の皆さんも今まで以上
にチラシとにらめっこする時間が増えているのではないでしょう
か。ガソリンはもとより、原材料が高騰しているので企業の経営
も大変。飼料や肥料が値上がりして農家の皆さんも四苦八苦され
ていることと思います。

 これは決して「改革が遅れている」ことが理由ではありません
ね。世界中を襲っている原油高、材料高、金融不安という大波が
日本にも押し寄せてきているからなのです。言ってみれば、「不
可抗力」ですね。だから、政府主導の経済対策が必要なのです。
 改革を続けていかなければならないのは当たり前。しかし、こ
こは政府がしっかりと経済を支えるべき時なのです。

 麻生総理は日本経済を「全治三年」と診断し、その間は財政出
動を含む経済対策をしっかりやる、と宣言しています。定額減税
を決めたのもそのためです。これに加えて投資減税や証券取引減
税などを実施し、民間の資金が有効に活用されるように促します。
 さらに社会保障費の定率カットを取りやめ、後期高齢者医療制
度を見直して「安心」を確立します。そして、その財源には特別
会計を精査してその余剰金を取り崩すなどして、赤字国債の発行
に至らない方策を検討します。

 問題はそれを野党がやらせてくれるかどうかです。「国民経済
が苦境に陥っている時に、そのための補正予算に反対するだろう
か」と常識的には思うのですが、これまでの野党の国会での対応
ぶりを見る限りではおいそれと信用できないのですね。予算委員
会を開けば、「待ってました」とばかり、麻生政権をイメージダ
ウンさせるためのありとあらゆる手段を講じてくるでしょう。

 それはそれでやむをえないとしても、問題は約束どおり、きち
んと採決に応じてくれるかどうかです。いたずらに審議の引き延
ばしをやられると、また、「ガソリン国会」の時と同じようなこ
とになり、時間を空費するばかりで成果をあげられないというこ
とになる。「そんなことになるくらいなら、さっさと衆議院を解
散して国民に信を問うべきだ」という声も強くあります。そこを
どう見極めるか。新総理の最初の決断になると思います。

 私はここはじっくりと腰を落ち着けて国政を取り巻く情勢全般
を慎重に見極める必要があると思っています。選挙をやれば、ま
た一ヶ月近くの「政治空白」が生じるわけですからね。本当は補
正予算もテロ特措法もこの国会で片付けて、道路財源の一般財源
化の中身も明らかにし、さらに来年度予算を仕込むというところ
まで仕事をきちんとやるのが筋だと思います。それでこそ麻生政
権が何を目指してるかが明確になる。

 しかし、目の前に「ねじれ」をいう壁が大きく聳え立っていて、
思うように仕事をさせてもらえない現状があるわけです。「この
壁を突き破るためには、一度、主権者たる国民の皆さんの審判を
いただき、その支持を得る必要がある」というのも、一方の有力
な考え方ではありますね。

 このように目下のところなかなか先の読めない状況です。であ
る以上、審判を受ける者としては「常在戦場」の心構えで、いつ
解散になっても対応できるように選挙準備を進めていきたいと思
っています。

 次なる戦いを勝ち抜き、麻生総理とともに「明るく強い日本」
を作り上げていきたいと思っています。皆さんのご支援をどうぞ
よろしくお願いいたします。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。

              文部科学委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★
■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
 皆様こんにちは。先の自民党総裁選挙では大分県の党員投票で
も麻生太郎候補が圧倒的な得票をいただくことができました。心
より厚く御礼申し上げる次第です。さて、いよいよ明日、大分国
体の開会式が行われます。実は私が以前勤めていたナイキジャパ
ンで同期入社だった友人が、長野県のバスケットボール青年男子
の監督として別府入りし、昨日は久しぶりの再会を果たして感激
したところです。今日も全国各地から大分入りする多くの選手や
関係者の姿が目立ちましたが、精一杯のおもてなしを尽くし、再
び大分を訪れていただけるように頑張りたいと思っています。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902