〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第349号>2008.10.7
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

    「麻生政権は経済対策に万全を尽くすべし。」

■事務局からのお知らせ
※自民党広報掲示板設置のお願いについて
※室内用ポスター掲示のお願いについて
詳細はHPの「別府事務所からのお知らせ」をご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com
※忙中閑話に「敵は我にあり」をアップしました。
http://www.t-iwaya.com/essay_bn/48.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

    「麻生政権は経済対策に万全を尽くすべし。」

 こんにちは、岩屋たけしです。

 衆議院予算委員会での審議が始まりました。連日、活発な論戦
が戦わされていますが、国会はやはりこうでなくてはいけないな
ぁ、とあらためて思います。今までは「場外乱闘」ばかりでした
からね。きちんと土俵の中で向き合って真摯に議論を戦わせるこ
とが大事です。

 こういう議論を通じて、麻生総理の人となりも考え方も国民に
見えてくる。また、政権の目指す方向性や、野党の政策の中身も
明らかになってくる。それらをできるだけ国民の皆さんに知って
いただき、ご理解いただいた上で、冷静にご判断いただくことが
何より大事だと思っています。

 特に、民主党の言っている政策についてはあらゆる角度から検
証することが必要です。財源はもとより、そのもたらす効果や弊
害についても精査が必要ですね。裏づけのない政策は言ってみれ
ば「偽装」であり、そんなものをちらつかせて国民の歓心を買お
うとするのは、「ふりこめ詐欺」ならぬ、「票くれ詐欺」と言っ
ても過言ではないからです。

 特に、総額で22兆円が必要な民主党の政策のための財源が、
「無駄を削る」という一言でいとも簡単に出てくるように宣伝し
ているのは最大の欺瞞だと思います。

 国の一般会計約80兆円の四分の三は予算を作った途端に、
「借金払い」と「地方への交付」と「社会保障費」でなくなって
しまいます。残りの20兆円余でその他の行政サービスの全部を
まかなっているのです。そのどこをどのように削るのか、をきち
んと示してもらわなくてはなりません。

 一方の「特別会計」もたしかに支出総額は168兆円に及んで
おりますが、その9割近くはこれまた国債の償還財源であったり、
社会保障給付費であったりで、それらを除くと残りは僅かに11
兆円です。その大半も私学への助成などに当てられていて、「ま
ったく削れない」とは言わないまでも、どんなに搾り出しても1、
2兆円規模にしかならないでしょう。

 各種の「積立金」の中に「埋蔵金」があるのではないかという
議論も盛んですね。「為替変動準備金」など、目的があって積み
立てられているものの中に「もう少し規模を減らせるのではない
か」というものは精査すれば出てくるだろうと思います。崩せる
ものは崩したらいい。しかし、こういったものは「一過性」の財
源にしかなりませんね。恒久的な政策の財源にはなりえません。

 そうこう見ていきますと、民主党の政策財源の根拠はきわめて
薄弱なのです。それでいて、「税金からの年金支給」や「農家へ
の戸別所得補償」や「子育て支援金」などを大盤振る舞いし、後
期高齢者は単に廃止すると言っているだけで代替案もなく、さら
に高速道路を無料にし、暫定税率も廃止した上で「必要な道路は
作る」というのですから、まるで「魔法」のような政策です。

 「魔法であってもやってみて欲しい」という声もあるのかもし
れません。しかし、公約を守ろうとするばかりに無理な辻褄合わ
せしようとすれば、国政は大混乱に陥り、経済状況はさらに悪化
し、財政は破綻への道を突き進むということになると思われます。

 与党の政策には物足りなさもあるでしょう。しかし、国家の運
営に責任を持とうとするならば、決して「魔法使い」の真似をす
るわけにはいかないのです。

 野党は「解散、解散」と叫び続けており、自らの政権取りばか
りにご執心なようですが、米国発の金融不安の煽りを受けて日経
平均株価がついに一万円を割ったという時に、自分たちのことし
か考えられないようでは、それこそ政権担当能力はありません。
 麻生政権は現下の経済状況を慎重に見極めながら適宜適切な対
策をしっかり打っていくべきだと思います。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。


              文部科学委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★
■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
 皆様こんにちは。本日閉会式を迎えた大分国体は地元の大分が
前回開催時以来、42年ぶり2度目の男女総合優勝(天皇杯獲得)
と、初の女子総合優勝(皇后杯獲得)を決めました。心からお祝
いを申し上げますと共に、選手団、関係者の皆様におかれまして
は本当にお疲れ様でした。また、大分国体に全国からお越しいた
だいた選手、関係者の皆様におかれましては、再び大分にお越し
いただける日を楽しみにしています。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902