〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第359号>2008.12.17
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

      「挙国一致で乗り切るべきとき。」

■事務局からのお知らせ
※忙中閑話に「薩摩」をアップしました。
http://www.t-iwaya.com/essay_bn/51.html
※携帯メルマガ「MOBILEたけし友便」をスタートしました。
ホームページのトップ画面からご登録いただけます。
http://www.t-iwaya.com/index.html
※自民党広報掲示板設置のお願いについて
※室内用ポスター掲示のお願いについて
詳細はHPの「別府事務所からのお知らせ」をご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com
※「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)
http://www.t-iwaya.com/support.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

      「挙国一致で乗り切るべきとき。」

こんにちは、岩屋たけしです。

 先週、「百年に一度の危機は残念ながら本物になりつつある」
と申し上げましたが、毎週、地元を行脚するたびにそのことを実
感しています。

 大分県はこれまで企業誘致の「優等生」だったのです。古くは
「新産業都市計画」に基づいて「新日鉄」を中はじめとする重厚
長大産業を誘致し、近年では「テクノポリス計画」に基づいて
「東芝」や「ソニー」や「キャノン」などの誘致を実現。さらに
数年前にダイハツ工業などの自動車産業の誘致にも成功し、こう
いった進出企業群が力強く大分県経済を引っ張ってくれていたの
です。

 ところが、ここへきてこれらの産業群に急ブレーキがかかり始
めたのです。それぞれ生産体制を縮小しているせいでしょう、派
遣社員が次々と解雇され始めましたし、それにともなって下請け
企業への発注も急激にダウンしています。一昨日に訪問したある
会社では「一月前から一週間単位で受注量が減り始め、今週はと
うとうゼロになった。このままでは年が越せない」という悲痛な
訴えを耳にしました。

 また、解雇された派遣社員が住む場所を失って困窮していると
いう話も聞きました。住居を提供してきたアパート経営者も深刻
です。工場近くのコンビニに閑古鳥が鳴いているといった情報も
あります。こういった状態が加速していけば、地域の治安にも影
響が出てくるのではないかと心配されます。

 国政は当然のことながら、こういった事態に迅速に対応してい
かなければなりません。既に第二次補正予算も来年度予算も麻生
総理の方針に基づいた策定作業が最終段階に入っていますが、そ
の中に総額2兆円の緊急雇用対策も含まれています。年明けの国
会ではこれらの予算案と関連法案を一刻も早く成立させて果断に
実行していくことが必要です。

 民主党は自らのアピールのために急遽、「雇用対策」のための
法案を参議院に提出するようです。「金融機能強化法」や「テロ
特措法」などを二ヶ月近く店晒しにしておきながら、「宣伝の好
機到来」と見るやいなや、これみよがしにパフォーマンスをやっ
てくる。このような「政局のための駆け引き」を繰り返すのでは
なく、もっと真摯に現在の「国難」に向き合って欲しいものだと
思います。

 もちろん、良い提案であり、早期の成立を確約してくれるので
あれば、与党とて大胆に譲歩も妥協もすべきでしょう。来年の1
月5日から開かれる予定の通常国会では与野党ともに、その「本
気度」が試されることになる。この「国難」とも言うべき事態を
打開するためであるならば、瞬間的ではあっても「挙国一致」の
体制を作るくらいの覚悟が必要でしょう。

 かのマックス・ウェーバー先生(「職業としての政治」という
有名な講演をされたドイツの社会学者)の言を借りるまでもなく、
政治とは「責任倫理」の世界です。「いいことをやろうと思った
けどできなかった」では済まない。そいう「心情倫理」では政治
は決して免責されない。それからすれば、与党とて野党とて「国
民のためになろうとしたけど、結果として奈落の底に突き落とし
てしまった」というわけには絶対にいかないのです。

 「年度内に予算と関連法案をしっかり仕上げる。しかるのちに
選挙で堂々と天下を競う。その結果、不安定な政治にしかならな
いのなら、大胆に離合集散してでも政治を安定させ、経済の回復
と改革の続行に全力を挙げる」。その決意だけを腹に据えておけ
ば、ジタバタすることはないのだと思います。

 この年末、その「決意」を熟成させつつ、新しい年を迎えたい
と思っているところです。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。

              文部科学委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★
■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
 皆様こんにちは。今日の大分はとてもいい天気です。いよいよ
年末が迫ってきました。別府公園では現在綺麗なクリスマスイル
ミネーションが点灯されています。一度見に行ってみてはいかが
でしょうか?事務所もこれから来年の新年会日程などの準備で忙
しくなりますが頑張っていきたいと思います。風邪が流行ってい
ますので皆様も気をつけて下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902