〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第363号>2009.1.20
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

      「夢の持てる農政へと転換します。」

■事務局からのお知らせ
※携帯メルマガ「MOBILEたけし友便」をスタートしました。
ホームページのトップ画面からご登録いただけます。
http://www.t-iwaya.com/index.html
※自民党広報掲示板設置のお願いについて
※室内用ポスター掲示のお願いについて
詳細はHPの「別府事務所からのお知らせ」をご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com
※「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)
http://www.t-iwaya.com/support.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

      「夢の持てる農政へと転換します。」

 こんにちは、岩屋たけしです。早いもので一月も後半に差し掛
かりましたね。まさに「光陰、矢の如し」。一日、一日を「最善」
のものにできるように頑張らなければと、あらためて思い直して
いるところです。

 暗いニュースばかりのこの頃ですが、先のアメリカの航空機不
時着事件には感動しましたね。アメリカらしいと言えばアメリカ
らしい。まさしく「奇跡」です。なんだか映画を観ているようで
したね。機長の冷静な判断と見事な操縦に心からの賛辞を送りた
いと思います。

 実は最近、北九州発東京行きの航空機に乗るはずが、「バード
ストライク(鳥との衝突)」で欠航になったばかりだったので、
他人事とは思えませんでした。「鳥」だとて馬鹿にならない。
「鳥よけネット」みたいなものを開発できないものでしょうかね。
そうすれば鳥たちも被害に遭わなくて済む。航空会社に提案して
みようと思っています。

 ところで、先週末は地元に石破農水大臣をお招きし、選挙区内
の農村地域において三箇所で「新春国政報告会」を開催いたしま
した。「逆風」が吹き荒れる中ではありましたが、どの会場にも、
「石破人気」のお陰でしょうか、たくさんの方にお越しいただき
ました。誠にありがとうございました。

 石破さんとはもう20年近くのお付き合い。石破さんが当選2
回で私が初当選の時に「政治改革運動」を共にしたのがきっかけ
でした。その頃から、「論客」であると同時に、志の高さを感じ
させる人でしたが、防衛大臣を二回にわたって勤めるなどして、
ますます政治家としての魅力と貫禄を増してこられたなぁ、と感
じています。

 農水大臣をお招きしたのは、地域の活性化のためには一次産業
の再生が極めて重要だと感じていたからです。私の地元でも農村
は年々、高齢化の一途を辿っています。「限界集落」もどんどん
増えている。やはり、若い人が参画したくなるような農業でなけ
ればいけませんね。このままでは日本農業は衰退していくばかり
です。

 しかし、その一方で、「農業」を見直す動きも広がってきてい
ます。「食の安全」や「環境」に対する国民の意識も高まってき
ていますし、世界ではどんどん人口が増え、食糧が足らなくなっ
てきている。周辺諸国も豊かになって高品質で安全な日本の農産
物を海外に輸出できるようになってきました。

 この「追い風」を最大限に利用して農業を成長産業として再生
させるべきだと考えています。そのためには、民主党が言うよう
な単なる現状維持のための「戸別補償」ではなく、もっと展望の
ある政策が必要です。現在の「減反政策」を見直し、耕作放棄地
を再利用するなどして、限られた農地をすべからく有効活用して
いく方向に転換すべきでしょう。

 これまで海外に依存していた「飼料」や「肥料」もできるだけ
国内で作っていくべきです。そのために、「米粉米」や「飼料米」
に対する支援策も今度の予算に盛り込まれています。このように、
石破大臣を中心に「夢も持てる農業プラン」の策定作業が既にス
タートしていますが、私もしっかりと意見を申し上げていきます。

 国会では参議院で第二次補正予算の審議が始まりました。でき
るだけ早く結論を出してもらいたいと思っています。そして、速
やかに平成21年度本予算の審議に入ることが必要です。野党の
党利党略による審議妨害が起こった場合にはぜひとも厳しい目を
向けていただきたいと思います。

 一昨日に開催された自民党党大会では、麻生総理も本来の持ち
味を発揮され、会場の雰囲気も大いに盛り上がりました。結党以
来、最大の危機を迎えた中での党大会でしたが、それだけに集ま
った皆さんの顔には、次なる決戦へ向けての決意がみなぎってい
たと思います。私も「なにするものぞ!」との思いで拳を握り締
めました。

「世界で最初にこの危機から脱出する。
             日本にはその底力がある。」

麻生総理のこの決意をしっかり支えていきたいと思います。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。
 
              文部科学委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★

■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
 皆様こんにちは。各地区での新春の集いや新春国政報告会には
多くの皆様のご参加をいただきまして誠にありがとうございまし
た。石破大臣も日帰りで4会場をまわっていただくという強行ス
ケジュールでしたが各会場で熱のこもった演説をしていただき感
謝しています。風邪が流行っているとのことですので皆様お体に
はくれぐれも気をつけて下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902