〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第367号>2009.2.19
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

     「麻生総理は阿修羅となって進むべし。」

■事務局からのお知らせ
※鳩山邦夫大臣をお迎えして岩屋たけし新時代政経フォーラムのご案内
詳細はホームページに掲載 http://www.t-iwaya.com/beppu_info
※岩屋たけしオープンセミナーのご案内
詳細はホームページに掲載 http://www.t-iwaya.com/tokyo_info
※携帯メルマガ「MOBILEたけし友便」をスタートしました。
ホームページのトップ画面からご登録いただけます。
http://www.t-iwaya.com/index.html
※自民党広報掲示板設置のお願いについて
※室内用ポスター掲示のお願いについて
詳細はHPの「別府事務所からのお知らせ」をご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com
※「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)
http://www.t-iwaya.com/support.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

     「麻生総理は阿修羅となって進むべし。」

こんにちは、岩屋たけしです。

 いやはや、またまた困った展開になりました。財務・金融大臣
の突如の辞任は、まさに経済対策をこれから実行しようという麻
生政権にとって予期しなかった大きな痛手であり、躓きです。

 中川前大臣の今回の行為はどこからどう見ても失態以外のなに
ものでもない。普段は優秀で有能な方であるだけに、また、将来
を期待されていた方であるだけに、誠に残念の一語です。

 あの、しどろもどろのシーンを何十回となく見せつけられた国
民の皆さんが、政権の「真剣度」を疑ったのも無理はない。失地
回復のためには、麻生総理以下、我々がそれこそ「阿修羅」のご
とくなって課題に取り組む以外にないのだと思います。

 幸い、この分野での実績がある与謝野経済財政担当相がとりあ
えずは財務大臣を兼任するということになりましたが、当面、こ
の窮地をいかに脱して第二次補正予算関連法案、そして平成21
年度本予算を成立させていくかが最大の課題となります。総理の
外遊日程もあり、かなり窮屈な中でこれらをやり遂げなくてはな
りません。

 「ねじれ」と「野党の抵抗」を前提に置けば、どうしても今月
中には予算案本体を衆議院で通過させる必要があります。それで
もその関連法案の成立のためにはそれから二ヶ月かかります。野
党の諸君もこの経済状況の中で「予算を執行させない」というま
での抵抗はしないだろうとは思いますが、最悪の事態をも想定し
ながら綱渡りの国会運営をやっていくことになります。

 はっきりしていることは、国会情勢がいかに苦しく厳しいもの
であろうと、ここで政権を放り出したり、立ち往生したりするわ
けにはいかない、ということです。「断じて行なえば鬼神もこれ
を避く」との決意で中央突破をはかる以外にありません。

 党内の一部には「麻生おろし」などという声が上がっていると
報道されていますが、安倍政権、福田政権の頓挫に対する責任の
自覚も反省もない者が、そのようなことを言ってもなんの説得力
も影響力も持ち得ない。四度目の総裁選などやろうものなら、そ
の時点で自民党は崩壊です。ここは腹を決め、覚悟を決めるしか
ない。

 既に今年のGDPは前年対比で二桁のマイナスになると予想さ
れています。今回の不況の震源地であるアメリカを上回る落ち込
みです。ここで経済対策も実行せずに政権を放り出すことは、日
本そのものを放り出すことに等しく、それ以上に世界第二位の経
済大国としての責任を放棄することにもなります。

 この急速な経済の落ち込みを見れば、残念ながら今回の75兆
円の対策でも十分ではないでしょう。追加の対策を用意すること
が必要です。今回の対策を上回る規模が必要かもしれません。
 その準備に入れば野党やマスコミは間違いなく「選挙逃れ」だ
と非難するでしょう。しかし、何と言われようとも、やるべきこ
とはやらなければならない。それが、未曾有の経済危機に遭遇し
た政権の責任であると思います。

 一方で、「麻生外交」のほうは順調です。クリントン国務長官
は最初の訪問先に日本を選び、また、オバマ大統領も最初の招待
者に麻生総理を選びました。米側の日本重視の姿勢を評価したい
と思います。また、昨日行なわれた日露首脳会談でも「北方領土
問題」について、「新たな解決策を探る」ことでも両首脳の一致
を見ました。今後の進展に期待したいと思います。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。

              文部科学委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★
■■岩屋たけしオープンセミナーのご案内(東京)■■

 この度、内閣官房長官 河村建夫先生を講師にお迎えして
第31回オープンセミナーを開催させていただきます。ご多忙と
は存じますが是非ともご出席賜りますようお願い申し上げます。

日 時 平成21年3月4日(水曜日)
    11時45分〜13時00分まで(受付11時30分)
場 所 自由民主党本部 9階 901会議室
      千代田区永田町1-11-23 電話03-3581-6211
テーマ「麻生政権の喫緊の課題」
講 師 内閣官房長官 河村建夫先生
会 費 10,000円(ご昼食をご用意しております)
主 催 新時代政経研究会
※本会は政治資金法第8条の2に該当する催しです。

お問合せ 岩屋たけし東京事務所 
電話03−3508−7510までお願いします。

■■「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)■■
 岩屋たけしの活動ならびに、webサイトは皆様の浄財で成り
立っています。後援会では、岩屋たけしの活動を支えていただく
ために賛助会員のご協力をお願いしております。皆様のご支援、
ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
賛助会員・会費 年間1口 3.000円(何口でも可)
詳細は http://www.t-iwaya.com/support.html をご覧下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
 皆様お元気でお過ごしでしょうか。一度は温かくなりましたが
再び気温が下がってきました。体調管理にはくれぐれもご注意下
さい。また最近は花粉症でお悩みの方も多いですね。岩屋たけし
本人も少し花粉症気味です。私は何故か全然平気なのですが、い
つか突然発症するのではないかと心配しています。コンビニでも
マスク売り場のスペースが一段と広くなっている気がする今日こ
の頃です。皆様も気をつけて下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902