〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 衆議院議員 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第373号>2009.4.1
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

    「敵失には乗じず、使命を全うするのみ。」

■事務局からのお知らせ
※活動報告を更新しました。
http://www.t-iwaya.com/action/
※携帯メルマガ「MOBILEたけし友便」をスタートしました。
ホームページのトップ画面からご登録いただけます。
http://www.t-iwaya.com/index.html
※自民党広報掲示板設置のお願いについて
※室内用ポスター掲示のお願いについて
詳細はHPの「別府事務所からのお知らせ」をご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com
※「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)
http://www.t-iwaya.com/support.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

    「敵失には乗じず、使命を全うするのみ。」

こんにちは、岩屋たけしです。

先週、3月28日には、恩師である鳩山邦夫総務大臣を地元別府
市にお迎えして、新時代政経フォーラムを開催させていただきま
したが、お陰様で盛会裏に終了することができました。ご参加、
ご協力いただいた皆様に心よりお礼申し上げたいと思います。あ
りがとうございました。

幕間に「劇団ザ・ニュースペーパー」による政治風刺寸劇が披露
され、偽小泉純一郎と偽麻生太郎、さらには偽オバマ大統領の皆
さんが会場に笑いの渦を巻き起こしてくれたのでしたが、鳩山先
生の温情こもったご講演ともあいまって、とても楽しく有意義な
会になりましたことを大変嬉しく思っています。

会の冒頭には、私から麻生政権の「生活防衛対策(総額75兆円)
」の概要をご説明し、加えて、目下、検討が進んでおります追加
の景気対策のポイントについてお話させていただきました。

この「追加対策」については、おそらく4月中旬頃には概要が確
定してくるだろうと思います。主な柱は三本。「低炭素革命」
「地域活性化」、「健康長寿社会」といったテーマに沿って様々
な政策が展開されることになります。

「低炭素革命」とは言うまでもなく、「日本版グリーン・ニュー
ディール」です。この中には省エネカー普及への思い切った支援
策、たとえば、ハイブリッドカーや電気自動車を購入する際に2
0万円から30万円くらいの補助を出す、などの政策が盛り込ま
れる予定です。

また、全国で3万7000校ある公立の小中高校のすべてに太陽
光発電機を設置することや、ご家庭や事業所の家電製品の買い替
えについても何らかの形の補助制度が盛り込まれる予定です。我
が家では「定額給付金でデジタルテレビを!」と考えていたので
したが、もうちょっと待ったほうがいいかもしれませんね(笑)。

次の「地域活性化」では、これまで滞っていた高速道路や新幹線、
あるいは実験中のリニアモーターカー、さらには、国際的な競争
力がとみに低下してきている国際空港や港の整備、そして、身近
なところでは「電線の地中化」や「開かずの踏み切り対策」など
が盛り込まれることになります。

そして、三番目の「健康長寿」では、地方の医療圏の充実強化、
介護人材の確保対策などが盛り込まれます。これについては、向
こう三年間で1兆円くらいの投資が行なわれる予定です。具体的
には産科、小児科などの医療体制の充実や、緊急医療体制の強化、
そして介護に従事する方々の報酬アップなどです。

麻生政権としての当面の最大の課題は、できるだけ早くこれらの
対策を取りまとめ、その中でも緊急を要するものを「補正予算」
の形でこの国会に提出し、早期に実行に移していくことです。

先の世論調査で支持率が回復したことや、千葉県の知事選で森田
氏が民主党候補に大差をつけて勝利したこと、そして、「小沢問
題」によって民主党が混乱していることなどから、党内の一部に
は「解散を急ぐべきだ」という声があるようですが、私はそうい
う風には思いません。

以前も申し上げたように、国家の命運がかかった総選挙を、「敵
失の有無」などで判断すべきでは決してないからです。「日本国
にとって最善の対策を打ち、日本国にとって最善の時期を選んで
総選挙を実施する」。判断の基準はそれ以外にはありえません。
ひたすら使命の完遂に邁進するのみです。

次なる総選挙で与党が政権を維持できたとしても、国会の「ねじ
れ現象」に変化はありません。仮に衆議院での「三分の二」がな
くなってしまえば、そこから先は「何も決められない政治」にな
ってしまう。「三分の二」があるうちに課題をできるだけ処理し
ておくということが、「百年に一度の危機」と戦う政権与党に与
えられた責務であると思います。

ここから先は頭の体操になりますが、仮に野党が「補正予算」の
成立に協力的であれば、予算成立後に打つという選択肢もある。
その逆に、あくまでも抵抗するというのであれば、その是非をめ
ぐって国民に信を問うてもいい。しかし、その場合は国会を延長
してでも補正予算を成立させ、その上で国民の評価を仰ぐという
のが「正攻法」なのでしょう。いずれにしても麻生総理の判断次
第です。

当事者としてはあらゆるケースに対応できるよう「常在戦場」の
心構えで準備を進めていかなかればなりません。皆様の一層のご
支援とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。

               文部科学委員長 
                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
 今日からいよいよ新年度のスタートです。心機一転元気に頑張
っていきたいと思います。桜が綺麗ですね。先週の日曜日に友人
と花見をしましたが、曇り空でしたのでまだ少し肌寒い感じがし
ました。今週末位が花見のピークになるのでしょうね。皆様も花
見のご予定は入っていますか?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:衆議院議員 岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■衆議院議員 岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902