〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第395号>2009.9.29
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

 「谷垣自民党は、健全かつ対等な野党を目指すべし。」  

■事務局からのお知らせ
※「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)
http://www.t-iwaya.com/support.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

  「谷垣自民党は、健全かつ対等な野党を目指すべし。」

こんにちは、岩屋たけしです。

早いもので先の総選挙から一ヶ月近くが経過いたしました。早く
ご挨拶に伺わなければと、気持ちは焦る一方なのですが、早速に
総裁選に追われるなどして、ままならない日々が続いております。
ご寛容いただきたいと思います。

さて、その自民党総裁選も昨日、無事に終了いたしました。鳩山
政権が華々しくスタートした中での総裁選でもありましたし、こ
れまでと違い、「総理を選ぶ」総裁選ではなかったということも
あって、いささか低調に終わったことは否めません。

しかし、野党というものはそういうものなのでしょう。自民党は
むしろ、その悲哀をかみ締めるところから再スタートしたほうが
いいのだと思っています。

新しい総裁には私も支持させていただいた谷垣禎一氏が選ばれま
した。議員票120票、党員票180で合計300票。すべて○
がついた数字だったので、自民党もひとまずはこれで丸く収まる
でしょう(笑)。

それは冗談としても、私はこの時期にふさわしい、良きリーダー
が選ばれたと思っています。谷垣氏には経験も実績もある。人柄
は真面目で誠実である。「捨て石になる」という覚悟がある。
パフォーマンス型でないのがいい。一見、地味なリーダーですが、
谷底から這い上がろうとする自民党のリーダーとしては適任者だ
と思います。

昨晩、早速に新総裁に就任されたばかりの谷垣さんとお話しする
機会があったので私はこう申し上げました。

「総裁。あくまでも正攻法でいきましょう。相手のスキャンダル
なんてほっとけばいい。大事なのは政策論争です。論争を通じて、
自民党はやっぱりまっとうだなぁ、頼りになるなぁ、と思われな
ければ決して浮上できない。そのためにベストの布陣を敷いてく
ださい。」

世の中は、いまなお、政権交代の興奮の余韻の中にあります。マ
スコミも新政権礼賛に余念がない。大臣たちも連日、新方針を高
らかに謳い上げており、それは、いまだ「方針」に過ぎないがゆ
えに、国民から手放しで歓迎されている。

本格的な政策論争は来年度予算案が国会に提出される来年の通常
国会からでしょう。それまでの間、自民党はじっくりと腰を据え、
党の体制を刷新し、もう一度、理念や政策を洗い直す必要があり
ます。そのためには、時に、「谷垣さんらしからぬ」勇断も必要
でしょう。

目指すべきは、「健全で対等な野党」です。「ためにする批判」
ではなく、「ためになる批判」ができる野党、いつでも政権を担
えるだけの実力を備えた野党です。新政権が方向を誤れば、災難
は国民に降りかかってくる。その「敵失」を待っているような野
党ではいけない。たとえ、野党であっても、国策に良き影響を与
え続ける。そうあってこそ、国民の信頼も戻ってくるのだと思い
ます。

谷垣新体制の下で私自身がどういう役割を果たすことになるのか、
この時点ではまだわかりません。一点、決意していることは、
「国会論戦の前線に立つ」ということです。そのためには、与党
時代とは違った視点から各論点を掘り下げていかなければなりま
せん。猛勉強が必要です。準備怠りなく、頑張っていきたいと思
います。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。

                 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
皆さんこんにちは。今日の大分は雨模様です。早いもので明後日
からは10月ですね。今回の総裁選挙の投票率は全国的にも低か
ったのですが地元大分県内でも50%を割る数字となりました。
谷垣新総裁には時期をみて一度大分県にもお越しいただき、じっ
くりとお話を聞かせていただきたいと思っています。季節の変わ
り目です。お体を大切にして下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902