〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第396号>2009.10.7
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

     「新政権は唯我独尊に陥るべからず。」

■事務局からのお知らせ
※「後援会賛助会員」ご協力のお願い(個人献金)
http://www.t-iwaya.com/support.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

     「新政権は唯我独尊に陥るべからず。」

こんにちは、岩屋たけしです。

日本列島を大型の台風が襲う気配です。最悪の場合は列島をなめ
るように縦断する可能性もあり、十分な備えが必要です。皆さん
もくれぐれもご用心ください。

さて、新政権は補正予算の削減によってマニフェストを実現する
ための財源作りに余念がないようです。それはそれで新政権の方
針ですから、おやりになればよいと思いますが、気になるのはす
べてを「無駄」という一言で片づけていっている乱暴さです。

先に麻生政権が作った補正予算は基本的に景気対策や雇用対策の
ための総合経済対策予算です。中に一定割合の公共事業が含まれ
ていますが、その目的は「将来において作ると決めているものは、
前倒して発注することによって景気を刺激しよう」というもので
す。

そのほか、農地の集約化を推進するための予算(高齢農家などで
耕作不能となっている農地を貸し出してもらうための補助)や、
滞っている森林の間伐を自己負担なく行なっていただくための予
算、あるいは長期失業者のための支援事業のための予算などが、
バサバサと切り捨てられていますが、こういった処置が「景気」
や「経済」や「地方」にどういう悪影響を及ぼすことになるのか、
甚だ懸念されるところです。

それでなくとも、ここのところの経済閣僚の一連の発言で「株安、
円高」という傾向に拍車がかかっています。そこへ今回の「経済
対策予算の大幅削減」という要素が加わりますと、一度上向きか
かった日本経済が一気に二番底に向かってしまうのではないかと
心配されます。千石行革担当相の「今回の措置は景気に中立だ」
という発言は到底、実態を正確に把握しているものとは思えませ
ん。

それもこれも「マニフェスト至上主義」がもたらしているものな
のでしょう。たしかに「マニフェスト」は国民との約束であり、
できるかぎり忠実に実行されるべきものだと思います。しかし、
「百年に一度の危機との戦い」はいまなお、相当に深刻なレベル
において続いているのです。そのことに対する配慮を欠いた政策
は、結果として国民生活をさらに追い詰めることになる恐れがあ
ると危惧しています。

民主党のマニフェストを実現するためには、初年度において7兆
1000億円あまりの予算が必要だと聞いています。今回は我々
の作った補正予算の中からなんとか3兆円近くを捻り出すとのこ
とですが、翌年度はさらにその倍近くの予算を本体予算の中から
捻出しなければならなくなります。しかも、「子育て手当て」も
「農家の所得補償」も緊急対策ではなく、恒久対策です。果たし
てそのようなことが可能なのか。

私はいたずらに新政権の政策を非難しようというのではありませ
ん。むしろ、大臣や副大臣などの主要ポストにつかれた方々は、
従来の政権に比べれば格段と指導力を発揮して存在感を示してお
り、ある意味、頼もしいとすら思っているところです。しかし、
「マニフェスト」に固執するあまりに、現状認識や将来の見通し
を誤って「唯我独尊」といった状態にならないでいてもらいたい
と願っているのです。

臨時国会は10月26日に召集される予定です。そこから本格的
に与野党の論戦がスタートするわけですが、今日申し上げたよう
な景気経済の問題はもちろん、外交、防衛の基本政策について、
あるいは、地球環境問題や社会保障制度改革について、本会議は
もとより、各員会での議論を通じてしっかりと質していきたいと
思っているところです。

では今週はこの辺で。くれぐれも台風にはお気をつけください。
                 
                  衆議院議員 岩屋 毅

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
皆さんこんにちは。台風が上陸しそうです。別府市でもだんだん
雨と風が強くなってきました。皆様もくれぐれもお気をつけ下さ
い。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902