〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第404号>2009.12.22
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

          「ワシントン出張報告」

【事務局からのお知らせとお願い】

☆参議院議員候補者予定者公募要領を発表しました☆
12月21日、自民党大分県連にて来年夏に実施される参議院選
挙の大分選挙区候補者の公募要領を発表いたしました。
詳細は下記のホームページに掲載しております。
http://www.jimin-oita.jp/koubo/koubo.html

☆「岩屋たけし後援会」年会費ご協力のお願い☆
個人会員 年間 一口  1,000円
法人会員 年間 一口 10,000円
詳細、お申込は下記のホームページをご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com/support.html

☆忙中閑話に「同級会」をアップしました。是非ご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com/essay_bn/56.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

         「ワシントン出張報告」

出張で一週間、米国へ行ってきました。と言っても、今回は自費
出張。ここのところ、日米関係に暗雲が立ち込めているので、野
党の外交・防衛政策の責任者の一人として直接に現地の状況を知
りたいと考え、単独、調査に向かったのでした。

ワシントンではシンクタンクの研究者や政府関係者らとお会いし
て意見交換をしましたが、総じて米国側関係者も今後の日米関係
の行方について少なからぬ懸念を持っているという風に感じまし
た。

私からは「なにも鳩山政権の悪口を言いに来たのではない。今後
とも日本外交の機軸が日米同盟であることに変わりはなく、野党
自民党としては鳩山政権の外交姿勢を、批判するより以前に大変
心配している。我々は日米の信頼関係を維持するためにはどのよ
うな協力もする用意がある。この問題に関しては与党も野党もな
い。」ということを、それぞれの会談の冒頭で申し述べたところ
です。

これに対して、米側からは「ご意見に感謝する。政権交代があれ
ば、ある程度の政策の見直しがあることは当然だと思っており、
我々としては日本国政府ならびに日本国民の選択を尊重しなけれ
ばならないと思っている。しかし、いつまでも解決策が見いだせ
ないというのでは困る。長期的に見た日米関係を心配しているわ
けではないが、短期的にはかなり難しい局面を迎えるのではない
かと憂慮している」といった、概ねかなり抑制された反応が示さ
れました。

おそらく米側はこの問題で「米国が日本サイドに圧力をかけてい
る」と取られることを心配して慎重になっているのでしょう。日
本の与党サイドとの話し合いの前に野党の議員を相手に妙な言質
を与えるわけにもいかない。それやこれやで、現段階では日本政
府の出方を慎重にうかがっているのだろうと理解しました。

鳩山総理は「来年の5月には結論を出す」という主旨のことを言
ったようですが、どうも目算があって言ったようにも思えない。
1月には普天間基地の移転先候補である名護市の市長選挙が実施
されます。そこで反対派が勝利すればその段階で日米合意は事実
上、頓挫し、新たな移転先を探すという気の遠くなるような作業
に着手せざるをえなくなる。

そうなれば新たな合意形成までに再び10年近くの歳月を要する
ことも予想され、その間に沖縄の現状は固定化されるという最悪
のシナリオになる危険性が高いのです。しかも、その間、日米関
係はあらゆる面で停滞せざるをえない。

鳩山総理の従来からの持論である「常時駐留なき安保論(最近に
なって封印すると発言された)」を私はまったく理解しないでは
ありません。「いつまでも外国の軍隊が大規模に国内に展開して
いること自体が望ましくない」というのは、そのとおりなのであ
って、中長期的な目標としては極力、米軍に対する依存度を減じ
ていくことが求められてくるのだと思います。

しかし、それがためには、「自主防衛」に対する努力をもっとし
っかりやっていかなくてはならない。「集団的自衛権」をめぐる
議論も整理していかなければならない。そして、なによりもその
前提として日本を取り巻く安全保障環境が改善していなければな
りません。

その決意も覚悟もなく、しかも前提条件が満たされていない段階
で理想論ばかりを振り回すのは極めて危険です。鳩山政権にはも
っと現実論に立脚して上手に日米関係をハンドリングしてもらい
たい。日米関係の揺らぎはやがては日中関係や対北朝鮮との関係、
ひいてはアジア太平洋地域全体に好ましくない影響を及ぼすこと
が懸念されます。「連立維持」や「選挙」のためだけにその危険
を冒すべきではない。

もうひとつ気になるのは滞米中に聞いた小沢幹事長発言です。先
の中国副主席の天皇陛下との会見をごり押ししたこと自体も問題
ですが、「天皇陛下のお気持ちを忖度する」という態度に至って
は甚だ不遜と言わざるをえない。こういうことが繰り返されれば
「天皇の政治利用」ということに道を開くことになります。鳩山
政権には「象徴天皇制」という極めてデリケートな憲法上の規定
をもっと丁寧に扱ってもらう必要があると考えます。

いずれにしても、日米関係については今後とも注意深く見ていく
だけでなく、必要とあらば、自民党としても改善へ向けて協力し
ていかなくてはならないと思っています。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。


                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■事務局からのお願い■

    「岩屋たけし後援会・年会費」ご協力のお願い

岩屋たけし後援会では、後援会の「年会費」のご協力をお願いさ
せていただくこととなりました。皆様のご支援とご協力を何卒よ
ろしくお願い致します。

【岩屋たけし後援会の会費について】
個人会員 年間 一口  1,000円
法人会員 年間 一口 10,000円

下記のホームページからもお申込を受け付けております。
http://www.t-iwaya.com/support.html

※法人会員の場合は「自民党大分県第3選挙区支部」での領収書
発行となります。
※ご協力いただける方は、下記のメールアドレスまでご連絡いた
だければ幸いです。
メール info@t-iwaya.com
お問合せ 電話0977−21−1781
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
皆さんこんにちは。ここのところ寒い日が続いてます。今までは
コートも必要なかったのですが、最近はさすがに夜の外出にはコ
ートを持って出かけるようになりました。帰宅途中に別府公園を
の横を通るのですが、先日点灯されたイルミネーションが美しく
輝いています。イルミネーションの点灯は平成22年1月11日
(祝・月)まで行なっていますので、皆様も一度立ち寄ってみて
はいかがでしょうか。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902