〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第406号>2010.1.4
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

      「一人独裁政治を糺してまいります。」

【事務局からのお知らせとお願い】

■☆■平成22年 岩屋たけし新春の集いのご案内■☆■

下記の日程におきまして平成22年の新春の集いを開催致します。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

日時 平成22年1月30日(土)午後6時30分〜
場所 別府杉乃井ホテル ひかりホール
会費 2,000円
ゲスト 自民党広報本部長 衆議院議員 小池百合子先生
主催 自民党大分県第三選挙区支部
   岩屋たけし連合後援会 維新会

☆「岩屋たけし後援会」年会費ご協力のお願い☆
個人会員 年間 一口  1,000円
法人会員 年間 一口 10,000円
詳細、お申込は下記のホームページをご覧下さい。
http://www.t-iwaya.com/support.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★岩屋たけしからのメッセージ★

      「一人独裁政治を糺してまいります。」

明けましておめでとうございます。

新しい年が始まりました。昨年の「激戦」がずいぶん前のことの
ように感じます。思い返すだに、厳しい戦いでした。ある意味、
議席を得られたのは「奇跡」だったのかもしれません。それだけ
に、この議席の重みをしっかりと感じ、与えられた使命を果たし
ていかなければならないと決意しています。

いよいよ18日から通常国会がスタートする模様です。昨年の臨
時国会が中途半端な形に終わっていますので、今度の通常国会が
本格的な論戦の場になるでしょう。まずは「補正予算」、それか
ら「22年度本予算」そして、予算関連法案、さらにその他の法
案という順番で審議が進められることになります。

我々としては、まず、予算の中身に入る以前に質さなければなら
ない問題が山のようにあると考えています。

まずは、この間の民主党の「統治スタイル」についてです。「政
治主導」という一言で片づけられている手法の中に多くの看過す
べからざる問題点があると感じています。

「政府与党一体」と言いながら、税制にせよ、予算編成にせよ、
最終的には小沢幹事長の「鶴の一声」で決まっていくという姿が
徐々に明瞭になってきました。民主党には「政策調整」機能がな
く、「小沢チルドレン」の仕事は「採決」と「選挙運動」だけ。
これでは何のために国会議員になったのかわからない。全員が小
沢氏の顔色をうかがっている。まさに「一党独裁」ならぬ「一人
独裁」の傾向が日に日に強まっています。

さらには、「陳情の一元化」です。これは厳密にいえば「憲法違
反」と言っても過言ではない。「行政の中立」「公務員の中立」
という観点から言っても明らかにおかしな姿です。なぜ、すべて
の地方公共団体や業界団体が民主党県連だけに頭を下げにいかね
ばならないのか。本来、役所や公務員はすべての国民に開かれて
いなければならない。民主党は憲法上になんの規定もない一政党
に過ぎない。そこだけが国民の要望の窓口になる、などというの
はまったく非民主的な姿でしょう。

しかも、陳情に行けば、必ず「選挙での協力」を強要される。逆
らえば、予算や税制上で冷遇されるかもしれない。その可否が最
終的に小沢幹事長によって裁断されるとなるならば、特定権力者
による「恐怖政治」そのものです。目下、すべての業界団体がそ
の恐怖政治によって壟断されようとしている。断じて、このよう
な手法を容認するわけにはいきません。

次に、常軌を逸した外交手法です。昨年の小沢幹事長率いる訪中
団にはなんと140人もの国会議員が含まれていました。しかも、
全員が国家主席との握手を写真に収めたのだという。どこの世界
にこんなみっともない外交をする国があるのか。世界中が嗤って
いるでしょう。まさに、「現代の遣唐使」。「朝貢外交」と言わ
れても仕方のない醜態であったと思います。

「慣例」を破って行われた「皇室外交」はその見返りだったと言
わざるをえない。まさしく「天皇」の政治的利用です。これには
多くの国民が静かに怒っている。さらに、その後の小沢幹事長会
見は、「皇室」に対する敬意のかけらもない、横柄で傲慢な発言
の連続でした。「天皇が内閣の決めた通りに行動するのは当たり
前だ!」という言い方は、目下の政治構造からすれば、「陛下は
自分の言うとおりに動け!」と言っているのに等しい。

「象徴天皇制」とは、まさに「君臨すれども統治せず」の統治形
態です。「天皇制」と「内閣」は、「権威」と「権力」を分離し、
それぞれを代表することによって精緻なバランスを保ちながらこ
の国の統治機構を形成している。したがって、「権力」は常に
「権威」に対して謙虚に、かつ丁寧にふるまわなければならない。
小沢幹事長のみならず、鳩山政権全体がその「平衡感覚」を欠い
ていることは極めて深刻な問題だと思います。

そして、迷走を続ける「米軍再編問題」。いつまでたっても決断
できない日本政府に米国側は苛立ちを隠していません。「グアム
協定」というのは「条約」です。同盟国同士が条約まで結んで約
束したことが優柔不断な総理によって反故にされつつある。
「条約違反」となれば、「ワシントン条約」以来です。日米関係
は危険水域に突入するでしょう。この政権はそういう危機感をま
ったく欠いている。非常に心配しているところです。

さらには、目下、もっとも国民を悩ませている「経済の低迷」で
す。成長戦略を欠いた「ばらまき政策」では未来に展望が開けま
せん。「子ども手当て」をもらっている間にお父さんが失職した
のでは何の意味もない。この政権は「デフレ時代」にことさら社
会主義的な政策を推し進めようとしている。このままでは遠から
ず、日本経済は二番底に落ち込んでいくでしょう。なんとしても
この流れを食い止めなければいけないと思っています。

それやこれや、来る通常国会はテーマ満載です。野党自民党も決
して「党利」ではなく、国家国民のためにこそ堂々たる論陣を張
っていかなければなりません。私もその前線に立つ決意です。そ
してその戦いの延長線上にこの夏の参議院選挙が控えています。
大分県連としてはまず、立派な候補者を擁立することに全力を挙
げます。皆様の倍旧のご指導とご支援をどうぞよろしくお願いい
たします。

いやはや、新年早々、力が入ってつい長くなりました。お許しく
ださい。終わりになりましたが、皆様の今年一年のご健勝とご多
幸を心よりお祈り申し上げます。

では。来週までどうぞお元気でお過ごしください。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■事務局からのお願い■

    「岩屋たけし後援会・年会費」ご協力のお願い

岩屋たけし後援会では、後援会の「年会費」のご協力をお願いさ
せていただくこととなりました。皆様のご支援とご協力を何卒よ
ろしくお願い致します。

【岩屋たけし後援会の会費について】
個人会員 年間 一口  1,000円
法人会員 年間 一口 10,000円

下記のホームページからもお申込を受け付けております。
http://www.t-iwaya.com/support.html

※法人会員の場合は「自民党大分県第3選挙区支部」での領収書
発行となります。
※ご協力いただける方は、下記のメールアドレスまでご連絡いた
だければ幸いです。
メール info@t-iwaya.com
お問合せ 電話0977−21−1781
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
皆さん新年明けましておめでとうございます。事務所も今日から
新年の本格的な仕事はじめです。朝は代議士とスタッフで朝見神
社にお参りに行ってきました。皆様は年末年始はいかがお過ごし
だったでしょうか?今年の新春の集いは別府市一箇所での開催と
させていただきます。ご遠方の方には大変ご迷惑をおかけいたし
ますが、是非ともお誘い合わせの上ご参加賜りますようお願い申
し上げます。今年からは代議士も「ツイッター」をはじめました。
出来るだけつぶやいていきたいと思っています。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799
■中津事務所 〒871-0031 大分県中津市大字中殿2丁目558-2
電話0979-26-0901 FAX0979-26-0902