〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第422号>2010.5.8
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆目 次☆岩屋たけしからのメッセージ

           「訪米報告」

【事務局からのお知らせとお願い】

【JIMIN NEXT】街頭演説会のお知らせ

党青年局・女性局では、現場の青年、女性党員の声に一層耳を傾
け、党の再生に活かしていくとともに、自民党の主張を広く国民
の皆様に訴えるため、党の「なまごえ☆プロジェクト」の一環と
して、青年局・女性局「JIMIN NEXT」を全国で開催しています。
この度、下記の日程にて大分県で開催することになりましたので
お知らせいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】平成22年5月9日(日)
11:00〜11:45  大分フォーラス前
14:30〜15:15  別府駅前
【弁士】
小田原 きよし(参議院大分選挙区候補予定者)
岩屋 毅(衆議院議員・大分県連会長)
井上 信治(衆議院議員・党青年局長)       
丸川 珠代(参議院議員・党女性局長)
片山 さつき(参議院比例代表候補予定者)

■小田原きよしさんのプロフィールビデオです。
http://www.t-iwaya.com/video/odawara.html
■忙中閑話に「ツイッター」をアップしました。
http://www.t-iwaya.com/essay_bn/60.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆

           「訪米報告」

こんにちは、岩屋たけしです。お元気ですか。
先週はメルマガをお休みさせていただき、失礼いたしました。実
は、連休を利用して麻生前総理を団長とする超党派の議員団の一
員として訪米していたのでした。

既に現地入りされておられた麻生先生を、我々、自民、民主の計
7名の議員が追いかける形で渡米したのですが、一行の中には小
泉進次郎議員も含まれておりました。ワシントンの空港に着いた
途端に、日本のマスコミ陣が一斉に小泉君を取り囲んだのにはび
っくり!いやはや、どこに行っても彼の注目度の高さには驚いた
ところです。

私も今回、初めて彼と一緒に長い時間を過ごしましたが、日ごろ
の印象通り、なかなかに好感のもてる青年です。その上、親父さ
ん(小泉元総理)ゆずりの弁舌も簡潔にして実にさわやかで。礼
儀もしっかりしている。将来の自民党のエースとしてみんなで大
事に育てていかなければと思ったような次第です。

ワシントンでは連日、政府要人や議会要人、あるいは学者、専門
家などと日米関係全般にわたって精力的に協議を行いました。当
然、折からの「普天間問題」が中心となりましたが、それにとど
まらず、経済、アジア情勢、中東情勢など、広い範囲にわたって
有意義な意見交換ができたものと思います。

双方ともに、「日米同盟はアジア全体、ひいては世界全体のため
の安定装置であり、今後も維持発展させていかなければならない」
という点では認識が一致しました。一方で、「普天間問題」に対
する鳩山政権の迷走が、短期的には日米関係に暗い影を落として
いるという点においても、懸念が共有されたところです。

米側の一部には日米関係の将来に極めて悲観的な意見も聞かれま
したが、それは決して大勢とはならないでしょう。アジアにおい
ては「中国の軍事力の増大」がこれまでの安全保障環境に大きな
変化をもたらしつつあります。加えて「北朝鮮」などの不安定要
因がある。日米同盟はアジア全体の安定と繁栄のためにこれまで
以上に重要な役割を果たしていくべきだとの双方の認識は今後も
揺るぎないと思います。

しかし、そのためにも「普天間基地移設問題」を円満に解決する
必要があります。ここへきて鳩山総理自身が沖縄入りするなど精
力的な動きを見せていますが、どうにも成果を上げるには至って
いない。それどころか、ますます沖縄サイドや候補地にあげられ
ている徳之島サイドの反発が強まりつつある。誠に憂うべき状況
です。

何よりも鳩山総理の発言そのものが「不信」の大きな原因になっ
ています。「県外と言ったのは個人の発言であって党の公約では
ない」とか、「海兵隊の抑止力についての認識が浅かったと言え
ば浅かったかもしれない」などという一連の発言が、かえって不
信の火に油を注いでいる。米紙に指摘されるまでもなく、もはや
一国の指導者としての資質を疑わざるをえない段階に差し掛かっ
てきています。

そもそも、この問題に対する認識が甘すぎたのです。と言うより
も、「選挙のための政治」のつけが回ったと言ったほうがいい。
国の安全保障という国政の最重要課題を「選挙」のために軽々し
く扱った。その結果、今や内外の信用を失って「八方ふさがり」
の状況を生んでいる。この政治責任は極めて重大です。

しかし、大事なことは、この問題はいずれ解決しなければならな
いということです。鳩山政権を追い詰めればそれで済むというわ
けではない。「抑止力を維持しながら沖縄の負担を軽減する」と
いう本来の目標の実現に向けて、どこが政権を担っていようと、
たとえ野党であっても努力する必要がある。「国益」の問題だか
らです。そのためには自民党も建設的な提案を用意すべきだと思
っています。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

   「岩屋たけし後援会・年会費」ご協力のお願い

岩屋たけし後援会では、後援会の「年会費」のご協力をお願いさ
せていただくこととなりました。皆様のご支援とご協力を何卒よ
ろしくお願い致します。

【岩屋たけし後援会の会費について】
個人会員 年間 一口  1,000円
法人会員 年間 一口 10,000円

下記のホームページからもお申込を受け付けております。
http://www.t-iwaya.com/support.html

※法人会員の場合は「自民党大分県第3選挙区支部」での領収書
発行となります。
※ご協力いただける方は、下記のメールアドレスまでご連絡いた
だければ幸いです。
メール info@t-iwaya.com
お問合せ 電話0977−21−1781
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★編集後記★(事務所スタッフより)
皆さんこんにちは。ゴールデンウィークも終わりましたが、連休
中は皆さんいかがお過ごしでしたか?サービス業の方は連休も休
みどころではなかったと思います。お疲れ様でした。代議士は連
休中は訪米していましたので、1週間メルマガをお休みしてしま
いました。いよいよ参議院議員選挙も迫ってきましたが、昨日会
った小田原きよし候補予定者は既に顔が真っ黒に日焼けしていて、
とても逞しく感じました。これから更に暑くなってきて体力的に
も大変になりますが、皆様のご支援を何卒よろしくお願い致しま
す。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメールマガジンは、名刺交換をさせていただい
た方、または、お手紙等でメールアドレスを知った方々に送付さ
せていただいております。ご意見ならびにメルマガ配信の中止等
のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館510号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799