〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第449号>2011.1.3
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
「平成23年度・岩屋たけし新春の集い」のご案内

■日時 平成23年1月21日(金) 開会午後6時30分
    (受付 午後5時30分より)
■場所 別府杉乃井ホテル ひかりホール
     別府市観海寺1組 電話0977−24−1141
■会費 2,000円 (立食のパーティー形式です。)
■主催 自民党大分県第三選挙区支部
    岩屋たけし連合後援会 維新会
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆

            「謹賀新年」

明けましておめでとうございます。皆様には健やかに初春をお迎
えになられたことと存じます。心よりお慶び申し上げるとともに、
まずもってこの一年の皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げ
ます。

私の地元の大分では元旦の朝に目の覚めるような青空が広がりま
した。しかし、新しい年は晴れやかにスタートしたものの、日本
国の上空には暗雲が垂れこめたままになっていると言わざるをえ
ません。今年こそはこの暗雲を吹き飛ばし、本来の澄み切った青
空を取り戻していかなければなりません。

昨年は国の内外に多くの新たな問題が発生しました。外交、安全
保障の分野においては、まずは中国漁船による領海侵犯事件、続
いてロシア大統領による北方領土訪問、さらには北朝鮮による韓
国砲撃など衝撃的な事件が相次ぎました。我が国を取り巻く環境
が決して安閑としていられるものでないことを思い知らされた一
年だったと思います。

それぞれについて政府与党の対応は極めて稚拙で未熟だったと言
わざるをえません。米軍再編をめぐる迷走は米国ならびに沖縄の
信頼を失い、日米関係に暗い影を落とし続けています。中国の理
不尽な圧力に屈し、いとも簡単にロシア大統領の訪問を許したこ
とは、国民の自尊心を大きく傷つけただけでなく、国際社会から
の評価も貶めました。多くの国民が国の外交と安全保障に不安を
感じ始めました。

国内においては、折からの「円高」に有効な手が打てないまま、
「企業追い出し政策」とも言える政策のオンパレードによって、
回復の途上にあった日本経済に大きくブレーキがかかりました。
目下、それによって生じているのが未曾有の雇用不安です。新
規大卒者の4割が内定をもらえなかったことに象徴されている
ように、この国を担っていくはずの若者たちが将来に不安を抱
くようになりました。

にもかかわらず、現政権は一昨年の総選挙の際に掲げたマニフ
ェストの旗を降ろそうとはしていません。「事業仕分け」の最
大の成果は、皮肉なことに「マニフェストの前提が破たんした」
ことを明らかにしたことでした。それがために来年度予算は二
年連続で借金が収入を上回っています。あれだけ自民党政権時
代に「借金財政」を酷評してきた民主党が、僅か2年で100
兆円近い借金を積み上げてしまったのです。

「こんな政治が続いていて日本は本当に大丈夫か?」「この政
権で日本の主権や領土を本当に守れるのか?」「経済が停滞し
たままで子どもたちの将来に展望は開けるのだろうか?」「こ
のまま財政状態が悪化し続ければ老後の社会保障も当てにでき
なくなるのではないか?」。いま、多くの国民がこの国の将来
に危機感を抱き、立ちすくんています。

国民の期待を担ってスタートした民主党政権でしたが、これら
の内外の諸問題にまったくと言っていいほどに対応能力を有し
ていないことが今や明らかになりました。政権交代の熱気は急
速に冷めやり、今や期待は失望に変わっています。この上は、
一日も早くこの政権を打倒し、国民の皆さんの再選択によって
安定した強力な政権を作り直し、ほころび始めた日本を立て直
す作業に取り掛からなければなりません。

憲法の規定によって一月中には通常国会が召集されますが、民
主党政権はそれまでの間に二つの問題を処理しておくべきだと
思います。一つは、先の国会で参議院において「問責決議」が
可決された二人の閣僚について、明確な処置を行うことです。
そしてもう一つは、小沢氏に国会での説明責任をしっかり果た
してもらうことです。国民生活に直結する来年度予算の審議を
前にして、「障害」を取り除いておくことは政権与党としての
当然の責務であると考えます。

一方、野党第一党たる自民党として心しておかなければならな
いことは、いつの場合も「国益」「国民益」を最優先すること
です。「政局最優先」、「選挙最優先」のなれの果てが現在の
民主党政治だとするならば、我々は決して同じ道を辿ってはな
らないのだと思います。国益を度外視した泥仕合の繰り返しは
国民の政治不信を増幅させるだけです。政府与党を責め立てる
ばかりではなく、問題によっては積極的に協力することもあっ
てしかるべきことは当然です。

我々が忘れてならないことは、「民主党への期待」の前に「自
民党に対する失望」があったということです。だからこそ政権
交代が起こったのです。自民党は常にその反省に立脚しなけれ
ばなりません。「民主党が駄目なのはわかった。しかし、本当
にいま自民党に政権を戻して大丈夫か?」。少なからぬ国民の
皆さんがそう思っておられるに違いない。その心配を払拭でき
るだけの自己改革を果たせるかどうか。それがこれからの自民
党に問われているのだと思います。

もうひとつの我々の課題は、これまでの政策を総点検し、改め
るべきは改め、さらに新機軸を追加して国の将来ビジョンを明
確に示していくことです。既に先の参議院選挙前に活発な党内
議論を行い、基本的な骨格をは作り上げていますが、今後はさ
らにそれに磨きをかけ、より現実的かつ効果的なものに仕上げ
ていかなければなりません。とりわけ私は、担当している安全
保障の分野において積極的に政策をとりまとめていきたいと思
っています。

「この世に起こることに無駄なことはひとつもない。どんな苦
しく辛いできことにも意味がある。大事なことはその意味をし
っかりと把握することだ。あきらめずにくじけずにそこから前
へ向かって再スタートすることだ。『災い』は受け止める側の
努力次第で必ずや『福』に転じていくことができる」。

私の処世訓です。「国」においても同じことが言えるのだと思
います。一昨年の政権交代にも、自民党の野党転落にも大きな
意味があったのです。いま、混沌とした政治状況の中で、すべ
ての政党、すべての政治家、そして国民の皆さんも必死に新し
い日本の姿を追い求めようとしている。内外に生じた困難な問
題に立ち向かおうとしている。今は「産みの苦しみ」の中にあ
る。ここを乗り越えていくことができれば、必ずもっと雄々し
く、もっと輝かしい国を産み出していくことができる。私はそ
う信じます。

むろん、政治家だけではできません。官僚や経済界だけでもで
きない。すべての国民の努力とその総合力によってこそそれが
可能になる。今年はぜひともそのきっかけを掴む年にしたいも
のです。

坂の上にまだ雲はたなびいています。うなだれて下を向くので
はなく、暗雲の上に広がる青い空と白い雲を見上げて進んでま
いりましょう。そのことを申し上げて新年に当たってのご挨拶
とさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 「岩屋たけし後援会・年会費」ご協力のお願い

岩屋たけし後援会では、後援会の「年会費」のご協力をお願いさ
せていただくこととなりました。皆様のご支援とご協力を何卒よ
ろしくお願い致します。

【岩屋たけし後援会の会費について】
個人会員 年間 一口  1,000円
法人会員 年間 一口 10,000円
下記のホームページからもお申込を受け付けております。
http://www.t-iwaya.com/support.html

※法人会員の場合は「自民党大分県第3選挙区支部」での領収書
発行となります。
※ご協力いただける方は、下記のメールアドレスまでご連絡いた
だければ幸いです。
メール info@t-iwaya.com
お問合せ 電話0977−21−1781
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【編集後記】(秘書のつぶやき)
皆様、新年明けましておめでとうございます。今年も何卒よろし
くお願い致します。年末年始は皆様いかがお過ごしになりました
か?私は少々食べすぎで、今年は少しダイエットをしなければと
思っているところです。その一つが犬の散歩です。昨年末から飼
っている犬も今月中旬からはお散歩デビューが出来ますので、近
くの別府公園で汗を流したいと思っています。今年は統一地方選
挙も行なわれ、忙しい一年になると思います。皆様の変わらぬご
支援を何卒よろしくお願い申し上げます。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメルマガは、名刺交換などでメールアドレスを
知った方々にご送付しています。ご意見ならびにメルマガ配信の
中止等のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
★岩屋たけしツイッター★ http://twitter.com/takeshi108
★youtube★  http://www.youtube.com/user/takechan108
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1209号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799