〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第452号>2011.1.27
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【新着情報】
新春の集いを含むホームページの活動報告写真を更新しました。
http://www.t-iwaya.com/action/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

☆岩屋たけしからのメッセージ☆

  「国会論戦がスタートしました。まずは熟議すべし。」

こんにちは、岩屋たけしです。

通常国会が開幕し、まずは「代表質問」を皮切りに論戦がスター
トしました。

昨日の谷垣総裁の質問は大いに迫力があったと同時に、品性を保
っていたのが、よかったと思います。総裁が執拗に迫ったのは、
マニフェストを大幅に変更しようとしている民主党政権の正統性
です。

「無駄を削れば17兆円は出てくる」ということを前提に設計さ
れたマニフェストの破綻は、皮肉にも好評を博した「事業仕分け」
によって明らかになりました。野党に消費税を含む税制の抜本改
革の協議を迫るのであれば、まずは破綻したマニフェストについ
て国民に謝罪し、撤回すべきだと迫ったのです。

谷垣総裁は質問の中で十数回にわたって「解散総選挙」を迫りま
した。しかし、これは少しやりすぎだったような気がしましたね。
小泉君がさすがによいコメントを述べていました。「自民党がや
るべきは、国民が解散して欲しいと思うような環境を作ることだ」
と。私も同感です。「まず解散ありき」ではいけない。「熟議」
と言うのであれば、徹底的に熟議する。そこからスタートすべき
だと思います。

岡田幹事長は国会改革について野党にいくつかの提案をしてきて
います。「閣僚の海外出張」や「早めの質問通告」などについて
ですが、それぞれもっともなことではあるものの、彼らが野党時
代に一顧だにしなかったものばかりです。菅総理からもその点に
ついての言及がありはしましたが、反省が十分であるとは思えな
い。もっと謙虚な姿勢が必要です。

「苦しい時の抱きつき戦術」もいただけません。まずは政府与党
案を示すべきです。国民受けする「バラマキ」については独断専
行し、帳尻合わせの時だけ案も示さずに野党に相談を持ちかける
というのでは無責任極まりない。どのような社会保障制度にする
のか。そこにどのくらい財源が必要なのか。消費税をどのくらい
引き上げ、どう使うのか。政府与党がたたき台を示してこそ議論
が深まっていくのだと思います。

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)については、自民党でも
急ピッチで検討が進んでいます。しかし、政府自身が「まだ情報
を集めている段階」というのですから、こちらにも判断材料が乏
しい。概要が見えてくるまでもう少し検討のための時間が必要で
す。

「我が国は勃興するアジア太平洋の活力を取り込み、もう一度世
界に打って出るべきだ」という菅総理の主張には異存はありませ
ん。しかし、「鎖国」や「開国」というイメージ先行の言葉が一
人歩きすることには危惧を覚えます。日本の市場はこれまでも相
当程度に開かれてきています。実際に「鎖国」をしていたならば、
これだけの経済にはなり得ない。農産物についても開いているか
らこそ低い自給率に甘んじている。

それをもっと加速すべきだとという考え方には賛成です。しかし、
そのために果たしてTPPという枠組みが本当に最適の解党なの
か。自民党政権時代に滞り気味だったEPAやFTAなどの二国
間協議を加速することのほうが適切ではないのか。WTO交渉の
妥結の見通しはどうか。これらの動きに中国や韓国はどのような
戦略をもって臨んでくるのか。中長期にわたる総合的な国益に照
らして間違いのない判断をしていかなければなりません。

私が担当する国防や外交の分野においても論点が山積しています。
残念なのは、言論の自由を侵しかねない「防衛事務次官通達の問
題」や「情報保全隊による不当調査の疑い」など、議論を開始す
る以前の障害が立ちはだかっていることです。

防衛のエキスパートが野党サイドや民間にいて厳しく政府を批判
することは当事者にとってはわずらわしいものでしょう。しかし、
そこは懐深く構えていただきたい。いちいち過剰反応して規制や
対策をいたずらに強化していたのでは、やがては防衛省自衛隊に
対する国民の信頼を損ねることにもなりかねない。政府に反省と
改善を強く求めたいと思います。

では今週はこの辺で。来週までどうぞお元気でお過ごしください。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 「岩屋たけし後援会・年会費」ご協力のお願い

岩屋たけし後援会では、後援会の「年会費」のご協力をお願いさ
せていただくこととなりました。皆様のご支援とご協力を何卒よ
ろしくお願い致します。

【岩屋たけし後援会の会費について】
個人会員 年間 一口  1,000円
法人会員 年間 一口 10,000円
下記のホームページからもお申込を受け付けております。
http://www.t-iwaya.com/support.html

※法人会員の場合は「自民党大分県第3選挙区支部」での領収書
発行となります。
※ご協力いただける方は、下記のメールアドレスまでご連絡いた
だければ幸いです。
メール info@t-iwaya.com
お問合せ 電話0977−21−1781
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【編集後記】(秘書のつぶやき)
皆様、こんにちは。1月21日に開催しました「岩屋たけし新春
の集い」には多くの皆様のご参加をいただきまして誠にありがと
うございました。皆様から激励され、岩屋たけしも通常国会に向
けて大きなパワーを与えていただきました。地元では統一地方選
挙に向けての動きが活発になってきています。忙しくなりますが
頑張りますので皆様のご支援をよろしくお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメルマガは、名刺交換などでメールアドレスを
知った方々にご送付しています。ご意見ならびにメルマガ配信の
中止等のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
★岩屋たけしツイッター★ http://twitter.com/takeshi108
★youtube★  http://www.youtube.com/user/takechan108
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1209号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799