〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第458号>2011.4.13
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆

  「地方選は地方選。震災対応は震災対応。区別すべし。」

こんにちは、岩屋たけしです。

地震、津波、原発事故のトリプル災害によって日本列島全体が震
撼しています。あらためて、亡くなられた方々や被災者の皆さん
に心よりお悔やみとお見舞いを申し上げたいと思います。

今回の震災は、直接には被害を受けていない地域にも徐々に影響
を及ぼしつつあります。九州でも多くの自動車関連工場が操業の
停止や縮小に追い込まれていますし、訪日外国人観光客の数も激
減しています。元に戻るまでかなりの長期戦を余儀なくされます。

それに加えて、震災直後から様々な行事の中止、自粛が行なわれ
ていることもあり、経済活動全体が徐々に停滞しつつあるように
も感じます。過度な自粛は禁物ですね。むしろ、被災していない
地域は、活力を維持しながら、被災地の復興を支援することが大
事だと思います。

そんな中、去る4月10日に、統一地方選の第一弾が終了しまし
た。全国的に民主党が敗北し、自民党はおおむね現勢力を維持す
ることができました。大分県では広瀬知事が三選を果たし、自民
党としては、新人の一部に取りこぼしがあったものの、現職は全
員が当選を果たすことができました。

今回の地方選の結果を見ても、菅政権、民主党政権が既に国民の
信を失っていることは明らかです。しかし、一方では未曾有の災
害がいまなお進行している。この段階では現政権に対処してもら
う以外の道はなく、ここで政局や倒閣に時間を費やしている暇は
ありません。復興へ向けての段取りが整うまでは与野党がしっか
り協力していくべきだと考えます。

「大連立」へ向けての動きが賛否両論を呼んでいます。私は「期
間限定、目的限定」の「臨時救国政権」であるならば、前向きに
進めるべきだと考えます。中には「菅総理の退陣が条件だ」とい
う意見もあります。が、原発事故の処理に見通しが立っていない
だけでなく、震災発生直後から世界各国、各機関の支援を受け入
れている日本の総理大臣がここで降板することが果たして国益に
適うのかどうか。よく考えなくてはなりません。

やるべきことは決まっています。避難を強いられている方々への
支援に引き続いて全力を挙げると同時に、仮設住宅等の整備を急
ぐこと。復旧、復興に必要な法整備と補正予算の成立を急ぐこと。
そのために予算の中から不要不急のものを執行停止するか廃止し、
復興に振り向けること。そして、足らざるものを復興債等で賄う
段取りを早くつけること。さらに原発事故の「封じ込めに見通し
をつけること。災害に強い新しい街づくり、国土づくりのプラン
を策定することやエネルギー政策の見直しも必要でしょう。

目的をそこまでに限定した上で、与野党が英知を結集できる体制
を作ることがこの危機に際するリーダーの責務です。まずは菅総
理自身が一切の党利党略を離れて捨て身の決心で臨むべきですが、
だとするならば、対する谷垣総裁はじめ、野党のリーダーたちも
それに応えていかなければなりません。

我が党幹部は「まだ総理との信頼関係ができていない」などと言
っていますが、そんなものは一緒に仕事をしていく中で作り上げ
ていく以外にない。自民党も地方選に勝ったからと言って、いた
ずらに交渉のハードルを引き上げるような姑息な方法を取るべき
ではない。心配せずとも国民はちゃんと見てくれています。後先
を考えずにまずはやるべきことをやる。それが大事だと思います。

日曜日からは地方選の第二弾が始まります。震災対応、選挙対応
に追われる日々が続きますが、今こそ、政治が持てる力を発揮す
べき時。全力を尽くしていきたいと決意しています。

ではまた。どうぞお元気でお過ごしください。


                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメルマガは、名刺交換などでメールアドレスを
知った方々にご送付しています。ご意見ならびにメルマガ配信の
中止等のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
★岩屋たけしツイッター★ http://twitter.com/takeshi108
★youtube★  http://www.youtube.com/user/takechan108
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1209号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799