〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第461号>2011.6.3
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆

     「政界は目を覚まさなければならない。」

こんにちは、岩屋たけしです。

昨日、衆議院において菅内閣不信任案が採決され、否決されまし
た。その顛末は報道を通じてご存知のとおりです。

まったくの茶番劇。田舎芝居。漫画的光景。。。議席に座ってい
ることが恥ずかしくなりました。私は投票を済ませ、結果を見る
ことなく議場をあとにしたところです。こんなところに居合わせ
たくない。正直、そう思いました。

私はもともとこの時期の不信任案提出には大義がないと考えてい
ましたし、党の代議士会でもそのように主張しました。目下、復
興特別委員会で「復興基本法」の審議をしているところです。自
民党も対案を出しており、その修正協議の真っ最中に出される不
信任案は「政局狙い」としか国民には映りません。大義がないも
のは可決されることもないと確信していました。

当初、退席しようと考えていたことも事実です。しかし、実際に
不信任案が党議として出された以上、その意味は重たい。政治生
命をかけるほどの決断です。熟慮した結果、今はその時ではない、
という判断に達しました。党議に従って賛成票を投じましたが、
その上で、今後の自民党の国会対応については党内でこれまで以
上にしっかりとモノを言い、行動していく決意を固めたところで
す。

自公両党とも大義を欠いていた。民主党も相も変らぬ無様な姿を
さらした。すべての政党、すべての政治家が口を開けば「被災地」
を語り「復興」を唱えてはいるが、どこまで本当に被災地の皆さ
んに心を寄せることができているのか。国会では震災前となんら
変わらぬ政争が繰り広げられているだけではないか。そう思われ
ても仕方のない光景だったと思います。

菅総理は「復興に目処がついた段階での退陣」を表明しました。
私は採決の前日、超党派の議員連盟で総理にお会いした時に、
その時の話しぶりから、おそらくそういうことをお考えだろうと
察しておりました。進行中の震災から一国の総理が逃げ出すわけ
にはいかない。とはいえ、居座るだけでは展望が開けない。どこ
かで進退を決断しなければならない。そういう状況に追い込まれ
ていたことは確かだと思います。

一国の総理が「目処が立ちさえすれば辞める」と言ったのだから、
まずはそれでいいではないか。それを前提に次の政治を構想する
しかない。ところが、この首相の「退陣時期」を巡って民主党内
は民主党内で、野党は野党でかまびすしくなりそうな雲行きです。
また無駄なエネルギーが浪費される。もうこの辺でこの種の騒動
には終止符を打たなければなりません。それがためには次の二つ
のことが必要です。

第一に、菅総理自身が退陣までに達成しなければならない政策課
題を明確にすること。第二に、それまでの間は震災対応の目的に
限定した「救国連立政権」を作り、その課題の達成に与野党が一
致協力することです。自民党はその「連立」の形成と政策遂行に
持てる知恵と経験と人材のすべてを投入する決意でやるべきだと
思います。

総理が「退陣」を口にしただけで、求心力を失うのは当然です。
それは当然に外交にも影響してくる。したがって、それほど長い
期間、こういう構想が成り立つわけではありません。しかし、当
面はその方法しかないのではないか。誰が総理であれ、やるべき
仕事を一日も片付けてい。その体制を作ることのほうがより大事
です。

「不信任騒動」のあとに「退陣時期騒動」が続き、これ以上に政
界がダッチロールを続けるようなことになれば、まさしく日本の
政治そのものがメルトダウンしてしまう。国民にしてみれば、国
会全体を不信任したい思いに駆られるでしょう。国際社会も日本
を見捨てることになる。そういう馬鹿げた展開だけは絶対に避け
なければならない。そう固く決意しているところです。

党派を超えた同志の皆さんと力を合わせ、必ずやこのていたらく
な政治を立て直していく決意です。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメルマガは、名刺交換などでメールアドレスを
知った方々にご送付しています。ご意見ならびにメルマガ配信の
中止等のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
★岩屋たけしツイッター★ http://twitter.com/takeshi108
★youtube★  http://www.youtube.com/user/takechan108
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1209号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799