〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第468号>2011.8.20
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆
☆岩屋たけし新時代政経フォーラムのご案内
    8月27日(土) ゲスト講師 櫻井よしこ氏
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆

     「政治力の結集へ向けて駒を進めるべし。」

こんにちは、岩屋たけしです。

お盆の休みをふるさとで過ごされた方も多かったと思います。毎
週のようにふるさとと国会を行き来している私とは違って、久々
のふるさとの景色や人情に日頃の疲れを忘れ、心癒されたことで
しょう。日本中が「絆」を再確認したひと時だったと思います。

さて。延長国会もいよいよ最終版を迎えています。今週は民主党
の「子ども手当て言い訳ビラ」を巡って与野党の交渉が紛糾し、
本会議等の日程が流れてしまいました。一刻も無駄にしてはなら
ないこの時期に、双方ともに反省する必要があると思います。

民主党は看板政策であった「子ども手当て」が事実上、廃止され、
児童手当ての形態に戻ることをどうしても認めたくない、いや、
そうは言いたくないのでしょう。しかし、公党間の約束事として
成された合意です。それを尊重する態度を持つことは当然でした。

しかし、一方の野党の態度も大人気ない。激しく抗議した結果、
謝罪が行なわれ、問題のビラを回収するとの確約を得たのですか
ら、一旦、決められた国会日程を動かすほどのことはなかったと
思います。その結果、「再生エネルギー法」の処理は来週に持ち
越されてしまいました。

いずれにせよ、来週はいよいよ菅総理退陣の条件が出揃うことに
なります。民主党は早くも代表選一色の様相ですが、国難の真っ
只中でもあります。できるだけ短期間に有意義な議論を行って新
代表を選び、少なくとも今国会の会期中に新総理を選出すること
を目指さなければなりません。

菅総理は既に野党はもちろんのこと、与党の大勢からも信任を失
っています。その上、一度退陣を表明した総理は国際舞台ではも
はや通用しませんから、退陣してもらうことは当然でしょう。し
かし、次なる総理に誰がなろうとも、一年刻みの総理大臣がこれ
で6人目ということになります。驚くべきことですね。

私は、このことこそが、日本政治の劣化と弱体化を象徴している
と思えてなりません。「できの悪い政権だから早く倒すことが国
益だ」という考え方もあるでしょう。しかし、新しい政権ができ
るたびに、一日も早くこれを引きずり倒すことだけの政治が繰り
返されるのでは、国力は消耗していくばかりです。どこかでこの
悪循環を断ち切らねばならない。痛切にそう思います。

民主党の代表選はあたかも「雨後の竹の子」的な様相を呈してい
ます。それだけ志を持った人材がいることは結構なことですが、
この重大な局面における「総理大臣交代」です。他党のことなが
ら、生半可な気持ちで手を挙げて欲しくはない。顔見世興行は要
らない。計算づくの立候補も要らない。国難対処へ向けて決死の
覚悟を有した候補者によって正々堂々たる議論が戦わされること
を期待したいと思います。

次なる民主党代表(新総理)に期待することは、第一に「復興」
のために野党とのより強力な協力体制を作ることに誠意を持って
取り組むこと。第二に、三党合意に示されたマニフェストの見直
しに誠実に取り組むこと。第三に「税と社会保障改革」や「外交
・安全保障の建て直し」など、国家の重要課題に政治生命を賭し
て取り組む決意を有していることです。

これらの条件を満たす新代表、新総理が出現するのであれば、野
党としてもしっかり胸襟を開いて話し合い、自ら進んで協力体制
を築くべきでしょう。新政権が誕生してなお政治が混乱していく
のであれば、いよいよもって国民の政治不信は頂点に達するに違
いない。自民党も、ここは「度量」と「器量」が試されるところ
です。誰もこれ以上の政治の停滞を望んではいない。そのことを
決して忘れてはならないと思います。

大震災発生から早や半年。目下、我が国は五重苦、六重苦の中に
喘いでいます。この半年間、国民の期待を裏切り続けた政治がい
よいよここらで本領を発揮していかなければなりません。政権与
党を責めていれば済むという話ではない。それぞれが国民代表と
してこの重大な局面において何を成し得るかが問われている。そ
ういう自覚と決意をもって今後の展開に備えたいと思っていると
ころです。

では今週はこの辺で。まだまだ暑い日が続きます。くれぐれもご
自愛ください。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★事務局からのお知らせとお願い★
 
■■※岩屋たけし新時代政経フォーラムのご案内■■

この度、ジャーナリストの櫻井よしこ氏を講師にお迎えして、
「岩屋たけし新時代政経フォーラム」を下記の日程にて開催させ
ていただきます。皆様のご参加、ならびにご協力を何卒よろしく
お願い申し上げます。

■日時 平成23年8月27日(土) 開会 午後1時30分   

■会場 別府ビーコンプラザ・レセプションホール
      別府市山の手町12-1 電話0977-26-7111

■講 師 ジャーナリスト 櫻井よしこ氏 
          演題「日本再生への針路」

■会 費 10,000円
■主 催 新時代政経研究会

※本会は政治資金法第8条の2に該当する催しです。
※当日受付も行いますが、事前に入場チケットをご用意しており
ます。

お問合せ 岩屋たけし本部事務所 
  電話0977-21-1781までお願いいたします。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメルマガは、名刺交換などでメールアドレスを
知った方々にご送付しています。ご意見ならびにメルマガ配信の
中止等のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
★岩屋たけしツイッター★ http://twitter.com/takeshi108
★youtube★  http://www.youtube.com/user/takechan108
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1209号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799