〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第469号>2011.8.31
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆
☆編集後記☆
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆

      「『ドジョウ』の姿勢を見極めます。」

こんにちは、岩屋たけしです。

今日が通常国会最終日。すべての委員会、ならびに本会議で閉会
の手続きが行なわれます。

思えば、1月からの長い長い国会でした。会期途中の3月11日
に大震災と原発事故が発生したことによって、それまでの政治状
況は一変しましたが、与野党がそのことを深刻に受け止め、適切
に対応できたかどうかと言えば、申し訳ないことながら、「否」
でしょう。この国会は後世、厳しく評価されることになると思い
ます。

菅総理は退陣し、昨日、新しい総理に野田佳彦氏が選出されまし
た。これで二年前に政権交代が起こってから早や3人目の総理と
なります。自民党時代から数えると一年刻みでなんと6人目の総
理。国際社会の中での日本の存在感が日に日に薄れてきているこ
とに強い危惧を覚えます。

明日には新政権が発足します。この半年間、国難のさなかでの与
野党の攻防に国民は辟易としている。いま、求められているのは
堅実で着実な政治です。そして、問題を解決する力です。民主党
は党内抗争に終止符を打ち、「三党合意」に基づいて誠実に政策
を見直すべき。そして、野田総理は謙虚かつ真摯な姿勢で野党に
協力を求めるべきです。

自民党も「菅総理さえ退陣すればいくらでも協力の用意がある」
と公言してきたのですから、姿勢が問われます。「菅総理であっ
ても」と私なら言ったと思いますが、いずれにせよ、それが政局
のための方便でなかったということをこれから証明しなければな
りません。

昨日の朝、自民党本部で落選中の支部長さんたちも含めた「全員
協議会」が開催されました。はるばる遠路をこの会議ために上京
された支部長さんたちに多くの発言の機会が与えられましたが、
新政権への対応方針については、総じて「強硬論」「主戦論」が
多かったように思います。

私も過去に7年間の浪人生活を経験しました。浪人をしながら、
いつ行なわれるともわからない選挙を待つ身の辛さは痛いほどよ
くわかります。党の執行部としては「一日も早くこれらの同志を
国会に帰してあげたい」と思うのは当然ですし、それがまた「責
務」でもある。だからこそ、私は敢えて異論を申し上げることを
控えました。

しかし、大事なことは「一日も早く選挙に追い込むこと」ではな
く、「選挙が行なわれれば必ず勝つ」ことです。次なる総選挙で
必ず政権に復帰するためには、これからの対応こそが大切です。
自民党の国会での振る舞いが国民の信頼に足るものでなければな
りません。それがためには、小事に拘泥せず、「国益」を最優先
し、あくまでも「是々非々」の姿勢を貫くことだと思います。

「対決のための対決」「攻撃のための攻撃」に走るようなことが
あれば、それはもはや国民の容認するところにはならないでしょ
う。政権与党の姿勢が評価できるものであるならば、自らも進ん
で「ねじれ」を乗り越えて物事を解決していける体制を作ってい
くべきです。それが来る政権復帰の時に役に立つことにもなる。

目下のところ、野田総理は「低姿勢」を堅持しているようです。
総理大臣は日本の政治力、国家の総力を結集して事に当たらなけ
ればならないのですから、そうあってしかるべきです。「ドジョ
ウ」の泥臭さと粘り強さを日本国のために発揮してくれるのであ
れば大いに結構。そうでない時は我々が「ドジョウすくい」をや
るしかない。まずは、新政権の姿勢をしかと見極めたいと思って
いるところです。

まだまだ暑い日が続きます。くれぐれもご自愛ください。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
《編集後記》
いよいよ今日で8月も終わりです。明日からは9月ですが、まだ
まだ真夏のような天気が続いています。9月からはネクタイを締
めようかと思っていましたが悩んでいるところです。先日、別府
市にて開催しました櫻井よしこ様をゲストにお迎えしての「新時
代政経フォーラム」では多くの皆様のご参加とご協力を賜りまし
て誠にありがとうございました。心より御礼を申し上げます。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメルマガは、名刺交換などでメールアドレスを
知った方々にご送付しています。ご意見ならびにメルマガ配信の
中止等のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
★岩屋たけしツイッター★ http://twitter.com/takeshi108
★youtube★  http://www.youtube.com/user/takechan108
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1209号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799