〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第482号>2012.4.3
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆

      「堂々と消費税論議に応ずべし。」

こんにちは、岩屋たけしです。

野田政権が年度末ぎりぎりになって消費増税法案を国会に提出し
てきました。民主党内では連日に及ぶ深夜までの会議が続き、そ
れでも最初から賛同するつもりなど毛頭ない小沢グループが納得
するはずもなく、「議論打ち切り」の形で終結しています。結果、
民主党からは次々と役職を辞退する議員が相次ぎ、連立を組む国
民新党は事実上の分裂状態に陥りました。無惨と言えば無惨だが、
厳しい決断をする時というのは、そうしたものでしょう。

「与党はバラバラではないか」と批難するのは簡単です。だが、
分解や分裂を覚悟してまで年度内の法案提出をまがりなりにも成
し遂げてきた野田総理の決意と執念をあまり甘く見てはいけない。
中身の善し悪しは今後の議論だとしても、ここは「真っ向勝負」。
「がっぷり四つ」に組むしかない。「問責」だの「不信任」だの
に訴えてみたとて心ある国民は共感もしなければ感心もしない。
ここは野田総理を上回る決意と執念を持って難題に真っ向から挑
む以外にない。

何も難しいことではない。我が党は「事前協議には応じない。法
案を閣議決定して国会に出してくれば堂々と議論しよう」と繰り
返し言ってきました。その言葉通りに粛々とやっていけばよい。
堂々と国会審議に応じ、応じるからには自らの案を提示し、しか
るのちに与野党協議をおこなって、むしろ自民党が主導する形で
この年来の課題に結論を見出していけばよい。私はそう思います。

「しからば、解散総選挙はどうなるのだ」と人は言う。しかし、
「選挙が目的の政治」「手段を選ばず政権を競うことだけに血道
をあげる政治」にこそ国民は辟易しているのではないか。「朝か
ら晩まで口角泡を飛ばして批難し合うだけで何も決めない政治」
に怨嗟の声が上がっているのではないか。自民党が再び政権を担
うためには、その国民の不信感を先頭に立って払拭してみせるこ
とこそが必要なのではないか。さすれば、解散の時期は自ずから
見えてくる。そして、次の政権の姿も浮かび上がってくる。そう
感じています。

先の選挙での大惨敗のあとに党を担った谷垣総裁であるだけに、
一日も早く解散総選挙に追い込んで浪人中の同志を国会に呼び戻
したいというお気持ちは痛いほどわかります。総裁としてはその
責任感を持つべきでしょう。しかし、どうせ残り任期はあと一年
と少しだ。遠からず国民の審判の時はやってくる。与えられた任
期の中で決めるべきを決めるのが政治の責任だ。与党がだらしな
いだけに、ここで自民党が何を為してくれるのか。国民がじっと
見ているのはそこなのだと思います。

目下、巷で人気沸騰中の「第三勢力」が言っていることを煎じつ
めれば「今の国会は何も決める力がない」ということに尽きてい
る。彼らの掲げる政策がたとえ荒唐無稽に見えようとも、少なか
らぬ国民が共感を覚え始めているのは、「決めない政治」が目の
前にだらしなく横たわっているからだ。何も決めずして解散総選
挙に訴えてみたとて、結果は目に見えているではないか。既存政
党は一網打尽にされ、今まで以上に「何も決められない素人政治」
が出現するだけだ。それだけは断固、避けなければならないと思
います。

今日から新年度。いよいよこれから会期末までの二ヶ月余が日本
政治にとっての正念場となります。このカオスの中から何として
も次の時代をリードする政治の求心力を産み出していかねばなり
ません。一切の私心なく、悔いなく進んでいけるように、そして、
必ずや成果につなげていくことができるように、自らを鞭打ち、
全力を尽くしていきたいと思っています。今後ともの御指導をお
願いいたします。

ではまた。季節の変わり目です。くれぐれもご自愛ください。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメルマガは、名刺交換などでメールアドレスを
知った方々にご送付しています。ご意見ならびにメルマガ配信の
中止等のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
★岩屋たけしツイッター★ http://twitter.com/takeshi108
★youtube★  http://www.youtube.com/user/takechan108
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1209号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799