〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第488号>2012.7.15
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★★「プロジェクト・アイ」サポートメンバー募集中です★★
この度、岩屋たけしの活動を支えていただくと共に、ふるさと・
そして日本を元気にする為の応援団「プロジェクト・アイ」を立
ち上げていただくこととなりました。
現在、サポートメンバーを募集しています。是非ともご協力の程
よろしくお願いします。詳細ならびにお申し込みは下記のホーム
ページからお願いします。
http://www.project-i.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆

    「豪雨被害からの復旧に全力を挙げます。」

こんにちは、岩屋たけしです。

九州地方は度重なる豪雨で甚大な被害を受けています。去る7月
3日の豪雨は大分県各地に大きな爪痕を残して行きましたが、一
昨日からの再びの集中豪雨によって被害地域はさらに拡大し、被
災者は日に日に増大しています。これはもう「空からの津波」だ
と言っても過言ではない。いまだかつて経験したことのない非常
に深刻な事態です。

私もこの一週間、地元ではほとんど防災服を着っぱなしで被害状
況の把握に努めてまいりました。その結果をもとに党の災害対策
本部で提言をとりまとめ、早速に中川防災担当大臣に対処がたを
申し入れをしたばかりでしたが、その矢先に再びの豪雨です。短
期間のうちに、二度も同じような目に遭われた被災者の皆さんの
心情を思うと、慰めの言葉も出てまいりません。

ついさきほども、前回に引き続いて床上浸水となった支援者の方
にお電話申し上げたところ、私の声を聞いた途端に嗚咽され、私
ももらい泣きして言葉を失ってしまいました。しかし、その被災
者の皆さんのために、今こそ全力を振り絞らなければならないと
決意しています。国、県、市、地域が一体となってこの困難の中
から復興に立ちあがらなくてはなりません。今更ながらに、昨年
の東日本大震災の被災者の皆さんことにも思いを馳せているとこ
ろです。

九州の雨はまだまだ続きそうです。これから秋までは例年のこと
ながら「台風銀座」にもなります。今回の豪雨で道路や橋梁がか
なり破損していますし、川の堤防もやられています。地盤も相当
に緩んでいますから、まずは応急措置が必要です。二次災害、三
次災害を防ぐために最善の対策を講じなければなりません。

次には、復旧、復興です。これだけの雨が降るということが実証
されたわけですから、これまでの防災基準を根本的に改めなけれ
ばなりません。大雨のたびにほぼ同じ個所がやられていますので、
そういった個所には抜本的な対策が必要です。人の命を守るため
の必要最小限のコンクリートは惜しむべきではない。今回の被害
状況をしっかりと分析して必要な事業には早急に着手すべきだと
考えます。「激甚災害法」の指定を急ぐ必要があります。

そして、被災者の生活支援、事業者の事業再開支援です。既に被
災地には「災害救助法」「被災者生活再建支援法」が適用される
見込みですが、それとて決して十分ではないでしょう。県や市町
村、あるいは、商工会、商工会議所などが行う支援を国がさらに
力強く支えるための仕組みが必要です。被災地の議員たちと力を
合わせてその仕組み作りを急ぎたいと思います。

さらに、国民の皆様へのお願いは、被災地の復興、被災者の生活
再建に対してぜひともお力を貸していただきたいと存じます。昨
年の大震災の際に全国から寄せられた温かい義捐金やボランティ
ア支援は、どれだけ被災者の皆さんの励みになったかわかりませ
ん。今回の九州豪雨災害においても、何卒、同様のご支援とお励
ましを賜りますように、心からお願い申し上げます。

国会の状況についても、申し上げたき事は山ほどありますが、今
日はどうしてもそちらのほうに頭が回りません。次回にでもあら
ためて、私の考えを申し述べたいと思います。敢えて今、一言だ
け申し上げるとするならば、こういう時こそ、なおさらのこと、
「政局よりも政策」を貫かなければなりません。「国民の生活が
第一」とは本来、そういうことでしょう。被災地の復興のために
も「責任政治の実現」を目指してまいります。

ではこの辺で。被災地の状況はまだまだ予断を許しません。災害
情報を注視していただき、くれぐれもご用心ください。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメルマガは、名刺交換などでメールアドレスを
知った方々にご送付しています。ご意見ならびにメルマガ配信の
中止等のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
★岩屋たけしツイッター★ http://twitter.com/takeshi108
★youtube★  http://www.youtube.com/user/takechan108
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1209号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799