〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<臨時号>2012.8.8
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆

   政策を貫き、「三党合意」を成就さすべし。

時局は今国会最大の山場を迎えており、この局面における自民党
の対応もまた厳しく問われている。日に日に統治能力を失いつつ
ある民主党政権にいつまでも居座りを許すべきでないことは当然
だが、一方で、「税と社会保障の一体改革」法案については、合
意の当事者として成立させる責任を我々も有しており、これを政
局の具にするようなことがあれば、「政策よりも党利党略を優先
させた」との厳しい批判は免れない。

各種の世論調査に示されているように、いまや「支持政党なし」
層が有権者のおおむね過半数に達しており、手段を選ばぬ政党間
抗争に国民が辟易としていることが見てとれる。内閣支持率と民
主党支持率がともに低迷している中、野党第一党たる我が党に対
する支持率が上昇し得ないのは、目下の「決められない政治」の
共同責任を国民から厳しく問われているからにほかならない。

いま、国民が政治に求めているのは、「政局」ではなく「政策」
である。「税と社会保障」のみならず、現下の国政の抱える重要
課題について明確な方針と解決策を示すことのできる政治の出現
こそが待たれている。真に政権復帰を希求するのであるならば、
我が党は今こそ「政策重視」の姿勢を貫くべきであり、自ら主導
した合意を反故にするような仕業は、心ある国民の我が党に対す
る信頼を失墜させかねない。

この局面での判断を誤れば、いたずらに第三勢力を勢いづかせる
こととなり、政権復帰すら困難になる恐れがある。また、仮に政
権に復帰できたとしても、ひとたび自ら葬った政策の遂行は至難
の業となる。いま、我が党が為すべきは、まずは「三党合意」を
成就させ、政権復帰後の政策実現のための環境を整えることであ
る。そして、そのことこそが、真の国民政党としての我が党の使
命であり責任である。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメルマガは、名刺交換などでメールアドレスを
知った方々にご送付しています。ご意見ならびにメルマガ配信の
中止等のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
★岩屋たけしツイッター★ http://twitter.com/takeshi108
★youtube★  http://www.youtube.com/user/takechan108
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1209号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799