〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 岩屋たけしのメールニュース  
「T's e-mail」<第492号>2012.9.26
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■■「岩屋たけし事務所」のフェイスブックページを開設■■
この度、事務所のフェイスブックページーを開設しました。
皆様、是非とも「いいね」を押してください!!
http://www.facebook.com/iwayajimusho
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆岩屋たけしからのメッセージ☆

「総裁選へのご支援、誠にありがとうございました。」

自民党総裁選が終わりました。40年ぶりの「決選投票」を経て
の決着でした。まずは当選された安倍新総裁にお祝いを申し上げ
たいと思います。総裁選規定に則って結果が出された以上、新総
裁を中心に結束していくことは当然だと思っています。

私が支持した石破候補は善戦むなしくあと一歩及びませんでした
が、地方票の6割近くを獲得したことからも、党員や国民の間で
はもっとも大きな期待を集めていたことがわかります。これは誇
りとしてよいことでしょう。私自身も、所属するグループとは別
行動を取ることとなりましたが、信念を貫いた結果であり、悔い
はありません。

しかしながら、結果として、党員と国会議員の判断に大きな「ね
じれ」が生じたことは事実です。このことを党員や国民の皆さん
がどう受け止めるか、心配がないと言えば嘘になります。新総裁
はこのことを肝に銘じて、今後、党の信頼回復に全力を注いでも
らいたいと思います。そして、5年前に「政権を投げ出した」こ
との責任を今一度、噛み締めていただき、今後の党運営に当たっ
ていただきたいと思います。

今回、石破候補に寄せられた党員の支持は「党改革」や「『決め
る政治』への脱皮」を期待してのものだったと考えます。国民は
「決められない政治」に倦んでいます。「対決一辺倒」「解散要
求一辺倒」ではなく、必要な協議や審議には積極的に応じていく
姿勢が求められています。新総裁には、国民の理解や納得を得ら
れる国会対応も合わせて求めていく所存です。

外交・安全保障政策も極めて重要です。日中関係、日韓関係とも
に緊張が高まっていますが、あくまでも冷静沈着な対応が必要で
す。領土や主権に関する問題に対して毅然たる姿勢を堅持すべき
ことは当然ですが、一方で、いたすらに偏狭なナショナリズムを
煽るようなことが決してないようにしなければなりません。必要
に応じ、しかとモノを申し上げていく所存です。

もはや、「民主党攻撃」は誰しも聞きたくはないはずです。その
判断は有権者に任せておけばよい。大事なことは、目下の「国難」
に自民党がどのような処方箋と対策を提示できるか、です。今回
の総裁選では、時局の影響もあり、ともすれば「外交・安全保障
問題」ばかりに議論が偏りがちでしたが、これから、経済、財政、
エネルギー、社会保障、教育など、全般に亘って実現可能な政策
をしっかりと示していくことが必要です。

最後に、あらためて、この三年間、党再生のために頑張っていた
だいた谷垣全総裁に心からの敬意を表したいと思います。今日の
最後のご挨拶には思わず胸が熱くなりました。心から「お疲れ様
でした」と申し上げたい。さらには、総裁選に出馬されたすべて
の候補者の健闘を讃え、感謝したいと思います。そして、石破候
補に温かいご激励とご支援をいただいた皆さんに心からお礼とお
詫びを申し上げます。誠にありがとうございました。

総裁選が注目されたとはいえ、自民党はまだ「野党」です。ここ
からが戦いの本番です。私も、今日から気持ちを切り替え、自民
党の再生と日本の再生へ向けて、今後とも全力を尽くしてまいる
決意です。引き続いてのご指導、ご支援をよろしくお願い申し上
げます。

季節の変わり目です。どうぞお元気にお過ごしください。

                  衆議院議員 岩屋 毅
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この岩屋たけしのメルマガは、名刺交換などでメールアドレスを
知った方々にご送付しています。ご意見ならびにメルマガ配信の
中止等のご連絡は info@t-iwaya.com までお願い致します。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
発行:岩屋たけし事務所
事務局へのメールはmailto:info@t-iwaya.com
編集:岩屋恒久
★岩屋たけしホームページ★ http://www.t-iwaya.com
★岩屋たけしツイッター★ http://twitter.com/takeshi108
★youtube★  http://www.youtube.com/user/takechan108
==========================================================
□■岩屋たけし事務所■□
■国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館1209号 電話03-3508-7510 FAX03-3509-7610
■別府事務所 〒874-0933 大分県別府市野口元町1-3
    富士吉ビル2階  電話0977-21-1781 FAX0977-21-1799